2LDKマンションを激安リノべ、一級建築士の廣瀬悦子さんの家

スポンサーリンク


ie (45) (500x334)

テレビ番組「ヒルナンデス」の

女性一級建築士のお宅覗くんデス』のコーナー。

8月2日の放送は、一級建築士の廣瀬悦子(ひろせえつこ)さん

のお宅が紹介されていました。

廣瀬さんのお宅はマンションです。

築15年の中古マンションを5年前に購入。

広さは21坪、間取りは2LDK。

ご主人との2人家族。

(上の写真はイメージです。)

まず玄関を開けると目に入るのが、

白い壁とナチュラルな床。

そして、廊下の壁にランダムに配置された裸電球の照明。

ランダムな点光源で視線を泳がせるためだとか。

明るい11.5帖のリビング

以前は暗い感じだったというリビングは白い明るい空間に。

壁を白くすることで部屋が明るくなるそうです。

床はナチュラルな色のフローリングです。

家具はビビットなカラーにして、

ランダムに置くことで空間に立体感を演出したそうです。


自転車ラックでリビングに/楽天市場)

また、天井から下がっている照明も高さをずらして立体感をさらに増しています。

リビングには自転車も掛けてありました。

色んなものが混在しているけど、

清潔感があってオシャレな空間になっていました。

スポンサーリンク



コの字型キッチン

以前はリビングとキッチの間に壁があったそうですが、

取り払って一つながりの空間になっています。

キッチンはコの字型で調理動線がとても便利そうです。

コの字のリビング側は調理台と収納を兼ねています。

ガスコンロの下にはオーブンレンジが設置されて、

流しの近くには食洗機も付いています。

流しは壁側になります。

その壁にバーを渡して調理道具がおしゃれに陳列されてました。

バーの下にはアレンジができるキッチンアクセサリーが設置されてましたが、

あれは便利で良さそうです。

何と言う商品なのでしょう?

ちょっと検索したら似たようなものがIKEAの商品でありました。

キッチンのウォール収納の中に、「RIMFORSA」という名のレールがありました。

レールにこういったものを引っ掛けるようになっています。

(注:廣瀬さん宅のキッチンにある物と同じ物ではありません。)

シンプルな寝室

寝るためだけの部屋という感じで、

4.5帖ほどの広さにベッドが2つ並べてあります。

隣にウォークインクローゼットがあります。

洗面所からも近いのでとても便利。

アトリエスペース(仕事部屋かな)

寝室と廊下を挟んで向かいにあるのが7.5帖のアトリエスペースです。

カフェみたいな空間です。

もともとは6畳の部屋だったそうですが、

隣接するトイレの向きを変えて少しずらし部屋を広げました。

トイレの配管は動かせないので、トイレの配管が出てきた部分には、

箱型のベンチを作って隠してあります。

コストを抑えるために廊下との間に壁は無く、カーテンで仕切ります。

また、壁に使った板もローコストで、1枚1000円のラワン合板です。

平米単価で言うと660円だそうです。

ラワン合板はブラウン系の色でした。

色を塗ったのか、そのままの色だったかは?です。

アトリエスペースに使った材料費は4万円ほどと言うから驚きです。

真ん中に浴室と洗面所

家の真ん中に浴室と洗面所があります。

浴室と洗面所の仕切りはガラスにして解放感を出しています。

洗面所の扉を開けておくと、お風呂からリビングが見えるそうです。

色は白を基調とした空間になっています。


写真はイメージです。(楽天市場)

以上が番組で紹介された廣瀬さんのお宅でした。

一級建築士の知識を活かして色んな実験をしているような感じがしました。

リノベしてて楽しかっただろうな。

廣瀬さんの建築事務所「seets シーツ建築設計事務所」。

事務所のサイトのworksに掲載されています。

廣瀬さん宅のリノべ費用は970万円だそうです。

壁をほとんど作らなかったのが費用を抑えられた要因だとおっしゃってました。