中古戸建のリノベーション費用は約850万円で決定。

スポンサーリンク


中古の一戸建てを買った私たちは、

もっと住みやすい家になる様にリノベーションすることにし、

3つの業者さんに見積もりを依頼しました。

ie (2) (400x267)

最終的に決まったのは、

知人の紹介の地元の工務店(A工務店)です。

中古戸建のリフォーム見積り金額1回目(地元の工務店)
階段と玄関の位置を変えたリフォームの見積金額は、予想をしていた金額よりも低くて安堵しました。この案でA工務店さんが出した見積金額は、

築34年の中古住宅リノベーションの大まかな内容

見積書の内訳は15の項目に分かれていました。

家は木造2階建、築34年、平米数は約77平米くらいです。

1.仮設工事
養生。仮設トイレ設置。残材処分費。ハウスクリーニング。

2.解体工事
1階と2階の大幅な間取りの変更、玄関と階段の位置変更、それに伴う解体。

3.木工事
床下をプラ束で補強、床下地合板。
この項目は大工さんの手間が一番金額が高かったです。
半分以上を占めています。

4.断熱工事
天井に吹き付け断熱(アイシネン)。
新たに壁を作るところには壁用の断熱材(グラスウールだと思います)。
床下にも断熱材(ウレタンフォームだと思います)。

5.外部建具工事
玄関ドア、勝手口扉はすべて新品(リクシルの商品)。
1階窓は全て新品のペアガラス(YKKの商品)。

6.内部建具工事
部屋やトイレ洗面所等のドアや引戸は全て新品(リクシルの商品)。

7.内装工事
1階の床はフローリングに(リクシルの床材)。
2階の床は以前からあった畳(割と新しかったので)をきれいにして使用。
壁紙の張り替え。

ck111 (400x300)
8.左官工事
床下の土間にコンクリート打設しました。
(以前は布基礎だったようです。土が見えてました。)
玄関ポーチにタイルを貼りました。

9.塗装工事
この家を買った時に売主さんが外壁塗装はしていたので、
するつもりはなかったんですが、
今回窓を増やしたり、窓だったところを壁にするので必要でした。

10.雑工事
玄関収納設置。
棚造作。
都市ガス工事。
アコーディオンカーテン(リビングと和室の仕切りに使います)。
天井床下点検口設置。

11.2FプラマードU工事
2階の窓に内窓(YKKの商品)を入れて2重窓にします。

12.給排水設備工事

13.電気設備工事
スイッチ、コンセントなど新品を。
廊下と洗面所、浴室、玄関、ポーチの照明を新品に。
火災報知機を設置。
インターフォン設置。

14.衛生機器
水回り品はすべて新品(システムキッチン、システムバス、洗面化粧台、トイレは全てリクシルの商品)。
2階にトイレ追加。

15.諸経費

※トイレと各部屋の照明、それから窓のカーテンやブラインドは自分達で調達します。

このA工務店さんは、

4回も見積もりしてくれたんですが、

普通そんなものでしょうか、それとも、知人の紹介だからでしょうか。

とにかく決まってよかったです。

前へ進める!って感じです。

家のリノベーション費用は、約850万円(税込)。

外構にかかる費用は別で、70万円弱(税込)です。

今年の2月下旬に契約して、工事は3月の初旬からです。

支払いは、契約後すぐに2/3位を払い、

残りは工事が完成した後に支払う約束です。