まるでニューヨークの高級ホテルのような、一級建築士の廣木芳美さんの家

スポンサーリンク


bathroom (400x266)

テレビ番組「ヒルナンデス」の

女性一級建築士のお宅覗くんデス』のコーナー。

8月23日の放送は、

一級建築士の廣木芳美(ひろきよしみ)さんのお宅が紹介されていました。

(上の写真はイメージです。)

打ちっぱなしコンクリートを組み合わせた外観のお宅は、

18坪という狭い土地ながらも、

ニューヨークの高級ホテルのような趣の家でした。

廣木さんのお宅は2階建て4LDK、ご家族5人で御暮らしです。

モールディングが美しい吹抜けのLDK

リビングは2階にあり17帖の広さ。

天井が吹抜けになっていて天井高は3.7mあります。

吹抜けには2箇所明り取りの窓があります。

一ヶ所は排煙窓になっていて自動で開閉できます。

窓にはブラインドが付いていて、

そのブラインドもリモコンで操作できるようになっています。

また、高い位置に小さな換気扇も設置されていて、

これも自動で操作できます。

便利な物があるもんですね~。

(写真はイメージです。)

モールディングが施された吹抜けは、

落ち着いたインテリアとともに高級感を感じます。

ハイセンス!って感じです。

リビングの壁には、家族全員の写真を大きくプリントして貼ってあります。

写真はモノクロ。すごくオシャレです。

これは廣木さんがニューヨークで暮らしていた時に出会った発想だそうです。

キッチンは黒と茶で統一されています。

クウォーツを使った天板のシステムキッチンに、

IHとガスの両方が使えるコンロ(リンナイ社製)


(IHとガスが組合せ自由。)

ゲストルームにもシャワーとトイレ

寝室にもなるゲストルームはなんとシャワー&トイレ付!

ベッドに寝そべってテレビも見れるし、

テレビにはネット用のリモコンも付いているし、至れり尽くせり!

また、トイレのおしゃれなこと!

トイレの便器が浮いているんです。

フローティングデザインと言うそうですよ。

オシャレなうえに掃除がしやすいというスグレモノ。


(こんな感じです↑写真はTOTOの商品。)

スポンサーリンク



6帖もの広さのバスルーム!

玄関の奥の突き当りにバスルームがあります。

バスルームはなんと、6帖もの広さ!

大理石風のタイルに、

ANAインターコンチネンタルホテル東京のスイートルームでも使われているという、

JAXONのバスタブが鎮座しています。

バスルームを出るとすぐのところに、

洗濯物を干すためのバルコニーも設置されていて、

家事動線もバツグン。

和室だけで暮らせそうな和室

玄関すぐ横には3畳の和室があります。

3帖と言っても畳の広さのことで、

この部屋には生活機能が埋め込まれたボックスが3っつあるんです。

ちょっとしたキッチン、それから書斎、そしてクローゼット。

全て合わせると6畳くらいでしょうか。

スポンサーリンク



美術館みたいな地下室

廣木さんのお宅には地下室もありまして、

ここは多目的スペースとして使われています。

見た目はまるで美術館!広さは約20畳。

子どもの絵を額に入れて飾ってインテリアにしてありました。

これもニューヨーク生活で学んだことだそうです。

sakana500×150
(写真はイメージです。)

ここにはガスの暖炉があります。

まるで薪が燃えてるいように見えますが、薪はフェイクです。

メーカーはDANROXだそうです。

この暖炉の暖気が2階のリビングへと

送り込まれる作りになっているそうです。

廣木さんが狼男を真似した屋上

屋上(約10帖)はウッドデッキになっていて、

キリン草と言う植物が四方を囲んでいました。

このキリン草は屋上緑化に適していて、

食用キリン草なら非常時に食べることもできるとか。

一級建築士の廣木さんは、

ノリの良い方で八乙女くんのボケに付き合って、

狼男の真似までしてくれました。

それが狼男ではなく、まるでゴリラみたいだったので、

皆さん爆笑。

かわいい廣木さんでした。

廣木さんの事務所「ヨッチデザイン一級建築士事務所」。

廣木さんのお宅は、

渡辺篤さんの「建もの探訪」でも紹介されました。

2016年3月26日(土)放送