浴室(システムバスルーム)のリノべ費用と商品

スポンサーリンク


中古戸建のリノベーション。

浴室(システムバスルーム)の商品は、
リクシルのArisw(アライズ)に決定です。
(リクシルのというか、INAXの、です。)

アライズにも色々種類がありまして、
我が家はEタイプです。

Eタイプ↓(画像を押すと楽天のショップに飛びます。)

浴室は一坪サイズ(1616)
このEタイプは浴槽、壁、床、窓枠、換気扇があって、
照明が一つ、鏡、シャンプーなどを置く棚が2個、
洗い場の水栓、カウンター、タオルバー、シャワー、シャワーを固定するバー、
それから、浴室の扉、お風呂のフタがセットになっています。

システムバスルームのパーツ詳細はこちら↓

リクシルアライズ(システムバスルーム)のパーツ詳細
中古戸建のリノベーション。浴室で採用した商品はリクシル(INAX)のアライズ。タイプはEタイプ。各パーツの詳細をメモしました。

ほぼ、A工務店の提案通りですが、
お風呂を沸かす方法はエコ給湯を勧められましたけど、
都市ガスにしました。

それから、換気扇は換気乾燥暖房機にしたので、
標準の金額から少しアップしました。

ck121-450x338

100V換気感想暖房機UFD-111A

このシステムバスルームの金額は、

406,000円でした。(見積書に書かれている金額です。)

見積書備考欄には定価約108万円となっています。
何故にこんなに安くなるんだろう?
それとも、もともとそんなに高くないのでしょうか??

アライズのカタログでは1616サイズのEタイプは、
定価677,000円となっているので、
見積書の金額(406,000円)は工事費込の価格だと思います。

我が家は家全体をリフォームしたのでこの金額なのかもしれません。
浴室のみのリフォームだとしたら違う金額だったかも。