室内のドア&引戸のリフォームで選んだメーカーと種類

スポンサーリンク


室内のドアや引戸を、
リクシルの商品から選ぶことにしました。

展示場には1回しか行けず、
ほぼWEBカタログだけを見て決めました。

ほぼwebカタログ(リクシル)のみでドアをチョイス
室内のドアや引き戸はリクシルの「ウッディーライン」と「ファミリーライン」から選びました。展示場には1回しか行けず、webカタログを見て決めました。

リクシルの「ウッディーライン」と
「ファミリーライン」から選びました。

選んだのは以下の商品です。

リビングのドア

リビングのドアはアウトセット引戸にしました。
アウトセット引戸はA工務店の提案です。

色はクリエモカ

アウトセット引戸は上から吊っているので、
下にレールがありません
完全に床がバリアフリーになります。

決めたのは、品番WAK-CFS

硝子部分がちょっとレトロな雰囲気で気に入っています。

この中古戸建を買った時は、
LDKへの入り口は襖のドアでした。
リフォームするとドアもこんなになっちゃうのね。。
と、買った時の写真見て感慨深い思いに。。

それにしても、室内ドアの種類も多いんですね~。
カタログを見てビックリしました。

スポンサーリンク


和室の引き戸

和室はガラス無しのレールのある普通の引き戸です。

品番はFKH-CME

木目が横に入っているシンプルなタイプです。
色はクリエモカ

トイレのドア

1階2階のトイレのドアもごく普通のドア。

(写真は2階のトイレドアです。)

1階は引き戸(品番はFKL-CM7)で、
2階は開き戸(品番はFTL-CM7)
です。

木目が横に入っているタイプです。
色はクリエモカ

寝室のドア

2階の寝室のドアもごく普通のドア。

開き戸タイプです。
飾りもガラスも無い一色タイプ。
品番は、FTH-CME

木目が横に入っているタイプです。
色はクリエモカ

事務所部屋の引戸

2階の事務所部屋はレール有の引き戸です。
色はプレシャスホワイトにしました。

プレシャスホワイトは木目無しの白です。
ツヤはほどほどです。半ツヤかな。

飾りもガラスも無い一色タイプ。
品番はWUK-CFA

ホワイト系は他にクリエホワイトもあります。
クリエホワイトは木目がうっすらと入っています。

洗面所の入り口の引戸

一階の洗面所入口もレール有の洗面所用の引き戸で、
色はプレシャスホワイトにしました。

玄関を開けると真正面にある洗面所の入り口を
クリエモカ色にしたら目立ってしまいそうなので、
壁の色と同化する白(プレシャスホワイト)にして、
目立たなくさせました。

こんな感じ↓

品番はFKH-CM5

以上が室内のドアの種類です。
見積書の価格は、だいたい定価の半額位でした。

床材とドア類が決まったので、
いよいよリノベーションが始まります。

まずは間取り変更による建物の一部解体作業からです。

壁紙をまだ選んでないけど?と思ったら、
「壁紙を決めるのは工事が始まってからでも大丈夫です。」
と工務店さんがおっしゃっていました。