中古戸建リノベーションで屋外の仮設トイレが臭う件

スポンサーリンク


ck184kasetutoire-2-312x400

屋内の解体工事が始まって約1週間。

業者さんがお休みの日曜日に家を見に行きました。

想像していたよりも工事が進んでいました。

合いカギの場所が分からず、外からしか見れませんでしたが、

  • 玄関が取り外されて板が打ちつけてあった。
  • サッシに取り付けてあった雨戸が全て取り外されていた。
  • 先日問い合わせのあった通し柱に、新しい壁がついていた。
  • 基礎にコンクリートが打ってあった。
  • 2階の古いバルコニーが取り外されていた。

着々と進んでいる様に嬉しくなりました。

でも、一つ気になる事が。

それは仮設トイレの臭い

工事初日には全く臭っていなかった仮設トイレが臭っています。

ちょっと離れると臭わないんですが、近づくにつれ…。

これではご近所迷惑になってしまいます。

翌日、A工務店さんにこの事を伝えて対処してもらいました。

調べたら、栓がきっちり閉まっていなかったと。

何の栓か良く分かりませんが、臭いは解消しました。

良かったぁ。。。

戸建てだとこういう心配も出てくるんだということが分かりました。

ちなみに仮設トイレはリースで、

見積り金額には35,000円で計上されています。

工事期間の予定は2ヶ月ほど。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする