築30年以上の中古の戸建てを見に行く話になる。

スポンサーリンク


家を買うとなると、

買うまでの間、色々なことがあるものですね。
まだ買っていないのでこれからも色々なことがありそうですが..

中古マンションを見学に行った後、
暇な時にネットで物件を探す、そんな感じでした。

そんな時に夫が気になっていたのが、
とても利便性のいい場所に建つ中古戸建。

築30年以上で土地は40坪くらい。

けっこう前からネットに載っていましたが、
私はあまり興味がありませんでした。

neko (4) (400x300)

次は中古戸建とにゃ?

というのは、

ネットの写真から想像するに、
・水回りはすべて交換が必要な感じ
・耐震はどうなってる?
・水回りの配管はちゃんとしてる?
・断熱入ってる?
・間取りが使いにくそう
・西日が強い方角の窓が大きい
・敷地と建ぺい率があってなさそう
・セットバック要と書いてある
・玄関と駐車場の位置が離れてる

などの理由から、
かなりのリフォームをしないと難しそうな物件です。
リフォーム費用とこの中古物件の値段を合わせたら、
予算をかなり上回るので、無理!

更地にして、新築はもっと無理!
土地代として考えたら高過ぎます。

という結論から私の頭からは、外れていました。

ですが夫は、

屋根や外壁を塗りなおしたり、
畳も入れ替えてあるので、
とりあえずその状態で住んで、
貯金が貯まったてから希望のリフォームしたらいいんじゃないか、
と言うのです。

とにかく利便性命!
だと。

なんだか、それでは夢がない!

しかも、リノべしながらの暮らしなんて、
30代か、せめて40代なら。。。

寒がりで、ぎっくり腰になりやすい私。
リノベーションは好きですが、
体力に自信ありません。

でも、まあ、見るだけならってことで
見に行くことに決めました。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする