中古戸建を見に行く前にリフォーム業者に話を聞きに行く

スポンサーリンク


中古戸建を購入して建て直さずに住む場合、
気になるのがリフォームがどのくらい必要なのか?
ということ。

自宅をリフォームする場合に比べて、
他の人が住んでいた家をリフォームするということは、

家の情報がとても少ないはずです。

買ってみて、床を開けてビックリ!
なんてこともありますよね。

なので、
中古リフォームにド素人な私たちは、
リフォーム業者にまず話を聞くことにしました。

リフォーム業者に3パターンの案を持って相談

訪ねたのは、
地元のハウスメーカーが運営しているリフォーム業者です。

住宅情報サイトからコピーした間取り図に、
あーでもないこーでもないと、
自分たちなりに考えた間取りの変更と、
長く住むために必要な手直し手入れなどを
メモしていきました。

間取りの変更パターンは、3種類用意しました。

  1. 水回り等の交換と、ちょっとした変更。
    約200万の想定。
  2. 水回り等の交換と、トイレの場所の変更、それに伴い小さな部屋を増設。外構の変更。耐震などの補強。
    約500万の想定。
  3. 大幅な間取り変更。水回りはもちろん、玄関の位置を変えるとか、階段の位置を変えるとか、かなりな手直しが必要なリフォーム。
    約1000万円の想定。

リフォーム業者さんに相談したところ金額の想定は近い物がありましたが、
それは家に問題が少ない場合の話だそうです。

スポンサーリンク



「○○してみないとわからない」ばかり言われた

リフォーム業者さんは、

  • 実際の家を見ないと分からない
  • 設計図を見ないと分からない
  • 床を開けてみないとわからない

ということをおっしゃっていました。

それからこんなことも、

「リフォームに幾らくらい掛かるかは、大工さんを連れて行って家を見てみないとわからない。それには大工さんに日当を払って見てもらうことになるので、家の診断にお金がかかります。」

「もし、うちでリフォームすることが決まっていれば、そこはサービスできると思いますが。」

とのこと。

お客さんになるかもしれない相手に、ちょっと冷たいなあ。
という印象を持ちました。

ie (32) (400x267)

例えば、

「リフォームに幾らくらい必要かを、大まかに提示するためのサービスがあります。有料ですが、その後うちを使って頂いたら、それはリフォーム費用に充てるようになっています。リフォームに心配がおありなら、一度利用されてみたらいかがですか?」

というような、前向な話し方が好きです。

中古の家を買うってそんなに困難が多いのでしょうか!?

リフォーム業者が食付いてこないのがちょっと意外でした。
今の段階では、「あまりお金になる話ではないな。」と思ったのでしょうか。

簡単に「安くリフォームできますよ!」なんて言われるのも心配ですが、

「分からない、分からない。」を連呼されて、
「出来るかできないかは、私たちが情報を集めてこないとこちらは動けない。」
みたいなお話ばかりで、出鼻をくじかれた感じです。

一つだけためになったこと

しかし、ためになった話もありました。
不動産業者に家を見せてもらう時に確認した方が良いですよと教えてくれ事。

  • 何人住んでいたのか?
  • 持ち主が何度か変わったことはないか?
  • 住んでいる間に手入れをしてきたか?
  • 設計図はあるのか?
  • 不具合はないのか?
    など。

それらを不動産業者が即答できないのであれば、
「調べて連絡くれますか?」
という確認も大事なことだと。

なるほどー。

家を見せてもらう時に確認してみようっと。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする