トイレと洗面所の床材を慌てて決める

スポンサーリンク



この記事には次のような事が書かれています。

壁紙の報告をしに工務店さんへ行った時に、

「すみません、トイレと洗面所の床材を決めないといけませんでした。。」

と言われ、カタログを見せられました。

「これってすぐ決めないといけないんですか?」

とお尋ねしたら、

「はい、できれば。。」

とのこと。

その場で慌てて決めました。

これまた種類が豊富なので焦っちゃいましたけど、

んーーもー第一印象だ!!

って決めたのがこれです。

塩ビシートみたいな床材です。

トイレの床材(フロアシート)

色はベージュ系でモザイクタイルっぽい柄です。

他の色もありましたが、無難なベージュにしました。

ck261

ck262

2階のトイレも同じものです。

洗面所の床材(フロアシート)

細かい線が入っている四角が光で反射して、

市松模様っぽく見えるのですが、

いまいち写真だと分かりずらいですね。

ck263

お風呂場だけ照明を点けて写真を撮ってみました。
(入居後の写真です)

この画像だと市松模様が分かりやすいかな。

トイレと洗面所の床材決めは、

どこのメーカーなのかも分からないまま終わりました。

どちらも無難な感じで、まあよかったのかなぁ。

あまりこだわりもないし、いいか。。

でも、洗面所の床は割とお気に入りです。

できれば、壁紙と合わせてじっくり考えたかったですけどね。

決めることが多くて、

トイレと洗面所の床材のデザインは全く抜け落ちていました。

リノベでこうですもん、

新築だともっと大変なんだろうなぁ。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする