築30年以上の中古戸建を実際に見に行く。

スポンサーリンク


リフォーム業者に話を聞いた後日、
築30年以上の中古戸建を見に行きました。

実際に中を見せてもらうのは初めてですが、
外観は暇を見つけて2回くらい見に行ってます。

改めてまじまじと見ると、家の前の道路がけっこう細い。

駐車場が1台分ありますが、
実際に車を入れてみたら、
決して入れやすいとは言えません。

家の中に入る前から、マイナスなイメージを持ちながら、
不動産業者に案内してもらいました。

ck6 (400x300)

中に入って一番印象的だったのが、
ドアや襖の高さが低いこと。

どこも170センチくらいの高さかな。

170cm以上ある夫は、
部屋から部屋を移動する際に頭を低くして移動してました。

お風呂場も、洗面所もコンパクトで、
おまけに階段下にお風呂が作ってあるので、
この場所にユニットバスを納めるのは無理のようです。

階段もちょっと急です。

それから、西の窓が大きいので、西日が強いです。
天気がいい日だったので、暑かったです。
冬は逆に寒そう。

ck25 (400x300)

リフォーム業者から教えてもらった、
中古戸建を内覧する際に不動産屋さんに聞く項目。

・何人住んでいたのか?
・持ち主が何度か変わったことはないか?
・住んでいる間に手入れをしてきたか?
・設計図はあるのか?
・不具合はないのか?

を質問しましたが、

「一人暮らしのご高齢の方が亡くなられたので販売に出されました。築30年以上ですし、設計図はないと思います。」
と、あっさりなお答え。

ここに住みたいと思えなかった私たちは、
「ないと困るので探してください。」
何て事は言えませんでした。

(「住みたいと思えない。」と思ったんですが。。↓)

終の棲家は築34年の中古戸建(2階建て)
終の棲家を探し始めて約1年、やっとなのか、もうなのか、決まりました。最初に見た時は絶対に有り得ないと思っていた、中古の戸建に。

また、不動産業者の方も、あまり積極的な感じがせず、
こちらを前向きにするような提案もありませんでした。

とても便利が良い場所だったので、
少しリフォームして住めればと期待していましたが、
かなりな手直しが必要な感じがしました。
残念ですが諦めました。

今は亡き住人に心の中でお礼を言いつつお家を後にしました。