住みたい場所は決まる。そしてまた、マンション探し。

スポンサーリンク


築30年以上の中古戸建を見た後、
「やはり中古マンションで探そう。」
という話になりました。

私たちには荷が重い..。
一体幾らかかるか分からないリフォーム代。
築年数からして、高額なリフォーム代をかける価値があるかも分からない。

「辰巳琢郎の家物語 リモデル☆きらり」
みたいにキレイに再生する家にちょっと憧れもあったけど、
まずは資金がないと、ですね。

なので、当初の計画に戻って中古マンション探しです。

マンション探しの一番のこだわりは、場所とペット可です。

家探しを始めて半年以上たって、
やっと住みたい場所が決まってきました!

郊外への憧れもありますが、今はまだ、利便性!

交通のアクセスと、スーパーや病院が近い、
それに実家からもそう遠くない場所。

住みたい場所の中古マンションをリストアップし、空き情報を待つという方法もありかも

ネットの情報だけでは、出遅れるということも分かってきたので、
住みたいマンションの情報が出たら教えてもらうように不動産業者に依頼することにしました。

そこで、住みたい場所のマンションを

●グーグルマップから拾い出し

●マンション名をリストアップ

●マンションの名前でネット検索

●過去の情報で、ペット可や平米数や総戸数などもチェック

●気になるマンションがあったら頼りになる不動産業者へ情報が出たらすぐに知らせてもらうようお願いする

●専任みたいな不動産業者があったらそこにも連絡

全てのマンションの情報が分かるわけではありませんが、
それでも幾つかのマンションが候補に挙がりました。

その中で、専任みたいな感じの不動産屋さんに連絡して、
このマンションの空き情報が出たら教えてくださいと伝えました。

例えば、
サーパスのマンションで気になるマンションがあったので、
「大京穴吹不動産」に連絡しました。

ちなみにまだ、今のところ空き物件情報なしです。
1、2年前に紹介した実績はあるとのこと。

それから、以前中古マンションを見せてくれた不動産業者にも
引き続き探しているという意志を伝えました。

いい情報が届くといいなあ♪