地震でリノベーション工事が中断

スポンサーリンク


あれから8か月。

リノベーション完了予定まであと2週間ほどのところで、
2016年4月14日21時26分頃、熊本地震(前震)。

そのころ住んでいたマンションは、被害の大きかった益城町から車で10分くらいのところにありました。
この地域は震度6弱を観測。

強い眩暈のような揺れ。

こんな大きな地震が熊本に来るとは思ってもいなかったので、自分が住んでいる所に何かが攻撃してきたのかと、本気で思いました。

家電はほとんど落っこちて、
背の高い家具は倒れ、
スライドレールの引き出しはどれも全開。
マンションの玄関ドアは力づくじゃないと開かなくなり、
玄関側の廊下には亀裂。

kj01
(たいした固定をしていなかったので、とにかく家電は落ちまくっていました。pcも。)

この時はまだ、リノベの家のことを心配する余裕はなく、
とにかく、部屋の中のぐちゃぐちゃと、
実家の親のことで頭がいっぱい。
そして、強い余震への恐怖。

幸いなことに、どちらの親とも無事。

kj02
(夫の実家も家電が落ちまくっていました。そしてスライドレールの引き出しも飛び出して。)

14日の夜はスーパーの駐車場で車中泊をしました。

4月15日、工務店さんから、リノベの家は無事で何も壊れていないという知らせが。さらには、大工さんが来て工事を進めているとのこと。
私たちは、大きく胸を撫で下ろしました。

(リノベの家が建ってる地域は4月14日は震度5強。)

4月15日。電気と水は通っていたのでマンションに戻りました。
もうあんな揺れは来ないだろうと余震の中、片付けをする。

2度目の地震で本格的に避難する。

4月16日1時25分頃。熊本地震(本震)。

今度は下から突き上げるような大きな揺れ。
その頃住んでいた場所は、震度6強。
リノベ中の家の地域も、震度6強。
もう熊本の街が全滅してしまうのではと絶望にも似た思いでした。

それまでは、ガスだけが止まっていましたが、
水も出なくなり、近くの小学校へ。

やっと入れたグラウンドで車中泊の避難暮らしを5日ほど経験しました。

kj04
(余震が怖くて、もうずっと車中泊でいいと思っていました。が布団が薄いので4日目くらいに腰が痛くなってくる。)

余震回数が多く、また揺れも強い時があるので、建物の中にいるのがとても怖い。

車の中が安心。

工務店さんも見に行く時間がないようで、リノベの家の現状が分かりません。
私は半分諦めていました。

リノベの家の様子を見に行けたのは、二日後だったと思います。
夫が自転車で見に行きました。

車で避難している人が多いので、車を移動させてしまうと、同じ場所に車を止められないかもという心配で、車を動かせない。
バスも走っていなので移動はもっぱら歩き。夫は自転車。

夫によると、外観しか分からないが見た目は無事なことを確認。
信じられなかったけど、とにかくホッとしました。

とりあえず無事だったリノベの家

震源から離れていたからかな?
運がいいとしか言いようがないです。
重い瓦が乗っかている家なのに。

でも、また大きな地震が来たら…。

終わらない余震にこの不安も消えません。

震源に近いところだと、新しい家でも壊れているところはあると聞きます。
地盤の状態や、震源の近さなど要因は色々あるようです。

(最近、テレビでこんな声を聞きました。「断層の上に建っているかどうかは私たちには分からないもん。」ほんと、そうだなと。5月以降に広島大の研究グループによる「東区から中央区にかけて新しい断層が見つかった。」というニュースも聞きました。)

kj05
(避難先の学校グラウンドに立っていた楠。毎日この木に癒されました。)

避難中はその時に住んでいたいマンションの片付けや、両方の親の家の片付けに追われ、リノベ中の家のことはあまり考えられませんでした。

やまない余震に気持ちが負けないように、目の前にあることをこなすことしかできませんでした。

4月20日、マンションに水が出るようになったと聞いて戻りました。

避難生活中に、配給でもらったインスタントのお粥と、炊き出しのおにぎりの美味しさは今でも忘れられません。ほんとに多くの方に助けていただきました。

kj03
(炊き出しのおにぎりと、配給の菓子パン。)

戻ってはきましたが、夜は余震が怖くてマンションの駐車場で車中泊を2泊しました。

16日から1週間経った22日にやっと温泉に行きお風呂に入れました。
14日に入ったっきりだったので、8日ぶりのお風呂。

翌日の23日にやっとリノベの家を夫と車で見に行けました。
瓦が数か所ズレているのを確認。
それから、土台部分に細い線のような短い亀裂も数か所あります。

大丈夫なのだろうか?

kj06
(4月26日から付け始めた熊本の余震回数。日課になって未だにこの記録をやめられません。)

工務店さんから4月25日から作業が再開するという連絡が入りました。
数日後に、地震後初めての打ち合わせをします。

4月26日にマンションの都市ガスが復旧。
コンロやお風呂が使えるようになりました。

もともとのリノベ完成予定は4月末で、その時住んでいたマンションは5月末までの契約です。
余裕を持って引っ越しを設定したのですが、5月末までに新しい家へ引っ越すことはできるのか不安になってきました。

リノベの進捗とブログのズレ

今こうやって12月にリノベの終わった家でブログが書けている幸せ。

この中古戸建に被害が少なかったのはどうしてなのか?

地球的に見たら、多分、運が良かっただけかなと。

でも、今こうやって家の中で過ごせているのは、災害復旧に尽力してくれた色んな方や、工務店さんのお陰です。

地震が起こったことでこのブログも随分と長い時間差が出来てしまいました。時期がズレていますが、このまま順番に書き進めていきたいと思います。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする