あさイチで知った「直下率」に凹む

スポンサーリンク


この記事には次のような事が書かれています。

2017年1月25日のテレビ番組「あさイチ」で、
“住宅耐震の落とし穴”と言うテーマで、
家の耐震について話していました。

そこで気になったのは「直下率」です。

直下率の前にまず、

家の耐震基準

木造住宅の話なんですが、

地震に対する家の強さを判断するのに、
「耐震基準」があります。

基準は今まで何度か見直されていて、
今3つの基準があるそうです。

  1. 旧耐震基準:1950年(昭和25年)以降に作られた基準
  2. 新耐震基準:1981年(昭和56年)以降に作られた基準
  3. 最新耐震基準:2000年(平成12年)以降に作られた基準

震度7を2回経験した益城町の住宅で、
何らかの被害にあった割合は、

  • 旧耐震基準の家は94.8%
  • 新耐震基準の家は79.6%
  • 最新耐震基準の家は38.6%
    (日本建築学会調べ)

だったそうです。
被害は壁紙が破れただけや全壊したなど大小含まれています。

工学院大学の宮澤先生は、
「西暦2000年前に建てられた家だったら、(耐震を)ちょっと疑ったほうが良い。」
とお話しされていました。

(「疑ったほうが良い」というのは、用心して補強などをしたほうが良いという事だと思います。)

我が家は「新耐震基準」の家です。

今回の熊本地震で、火災保険の調査では
我が家も「一部損」という判定が出ました。

スポンサーリンク


見逃せない「直下率」の重要性


最新耐震基準の家が一番安全だと思いますが、
益城町で震度7を2回経験した、
築年数が同じ10年の家で大きな違いが出ていました。

一軒は壁紙が破れる程度の被害で、
もう1軒は2階に押しつぶされて1階が崩れてしまいました。

同じ基準で建られていても、
こんなに大きな違いが出るなんて驚きです。

宮澤先生によるとこの違いは、
直下率」が影響しているからではないか、
ということです。

直下率」とは2階と1階の壁や柱が繋がっている割合だそうです。

この割合が高いほど家は強いとのこと。

1階が押しつぶされたお宅は直下率が低いお家でした。
最初の震度7には何とか持ちこたえていたけれど、
2回目の震度7で1階が押しつぶされて。

これを聞いて「どきっ!」。
我が家は、直下率も低そうです。

外壁は2階と1階の壁がキレイに繋がっている場所は、
北と東しかありません。

家の中の壁はというと、
素人目で見て階段部分くらいしか見当たりません。

柱は壁の中に隠れていたりするので、
はっきりとした数は分かりません。

これにはちょっと凹みました。

我が家が熊本地震で「一部損」くらいで済んだのは、
震源から離れていたからという運だけのような気がします。

しかも、今の法律だと耐震基準は直下率をあまり考慮していないということです。

考慮して下さいなー(泣)。

家の「直下率」が低い場合の、高くする方法
家を建てる場合、リフォームする場合、耐震基準に加えて「直下率」を考えないといけないですね。特に気を付けたいのは、2階が小さな家(我が家がそうです...)、1階に駐車場を作っている家、しかし、もう建ててしまったお家はどうしたらいいのか?