リフォームで耐震性が落ちるケースもある

スポンサーリンク


2017年1月25日のテレビ番組「あさイチ」。

住宅耐震の落とし穴”というテーマで、
耐震補強についてのお話がありました。

その中に、『リフォームの落とし穴』があるという話も。。。

リフォームで耐震性が落ちたケース

紹介された事例は、

熊本地震を教訓に我が家を耐震補強しよう思った築40年のお宅。

いざ工事を始めたら、
過去にリフォームした場所が
耐震性を落としていたことが分かったそうです。

過去のリフォームというのは、
部屋が暗いので明るくするために窓を広げたリフォーム。

その時になんと、
壁に入っていた筋交いを切っちゃってた!(゚д゚lll)

「窓を広げるなら筋交いを切らないと難しい」
って相談して欲しいですよね。(`⌒´)ノ

筋交い切っちゃった場所はいじれないので、
隣りの壁に筋交いと耐震合板を入れて補強したそうです。

こんな風に耐震の事を考えずにリフォームしてしまったケースは良くあるとか。

例えば、

  • 換気扇を付けるために筋交いを切っていた。
  • 部屋を広くするために柱や壁を撤去した。
  • 基礎に配管の穴を開けて傷つけた。

など。

リフォームは役所に届ける必要がないので、
建築確認申請が必要ないそうです。
(増築や大規模の模様替えの場合は違います。)

なので建築基準法の目が行き届かないという落とし穴があります。

慣れていない業者だと見栄えだけよくして、
耐震性を考えないケースもあるそうなので、
リフォームをする際は何社か見積もりを取ったほうが良いですね。

リフォームやリノベーションも、
新築同様に耐震性を考えて欲しい。

スポンサーリンク



我が家のリノベはどうなんだ??

我が家のリノベは、
筋交いを切ったりはしていないと思いますが、

間取図を見てみると、
リノベ前の家よりも壁が増えてるけど、
まだ直下率は低いと思います。
http://outisagasiblog.com/2274.html

特に西側と南側の壁が。

間取り図を見ながら、
なんだか頭がどんよりしてきました。

リノベーションで工務店さんが壁を増やしてくれたのが救いです。

でも、直下率のことを知っていたら、
間取りは随分変わっていただろうなぁ。

運よく壊れずにいてくれたことに感謝し、
今できることをやっておくしかないですね。
耐震補強が必要ならば、
時間が掛かってもやっていきたいです。