リビングと廊下の間のFIX窓

スポンサーリンク


この記事には次のような事が書かれています。

1階は北側に階段、そして廊下、
その隣りがリビングになっている我が家。

リビングは南向きで明るいので、
この明るさを廊下にも届けられたらと思い、
リノベーションする際に、

2ヵ所穴を開けてFIX窓を作ってもらいました。

FIX窓とは(weblio辞書より引用)

開閉することができない、はめ殺しの窓のこと。採光用として、玄関のドア枠や階段ホールの天井部分などに設けられることが多い。

FIX窓の大きさと材料

開けたのは壁の上の方に2ヵ所。

一枚の広さは横60cm×縦40センチくらい。

見積書を見ると、
FIX窓は2ヵ所で25,000円と記載されていました。

家の中の窓なので、
窓枠はアルミなどではなく木製です。

使ってあるのは、集成材。
ガラスに見えるのはプラ板みたいな薄くて軽い素材です。

集成材はこんなのです。
↓(楽天市場に飛びます)

廊下がすごく明るくなった!!
訳ではないですが、
ほんのり明るくなりました。

夜はリビングの照明が点いていたら、
階段の照明を点けなくても昇っていけます。

もし、にゃんこがいたら

いずれ、にゃんこを飼うことになったら、

ここに昇りたがるだろうなぁ。

奥行きを測ったら6.5cmありました。

これだけあれば十分に乗れますね。

その時は、リビングの壁ににゃんこの足場を作ろうっと。(=^・^=)

にゃんこの足場はまだですが、
木彫りのリスが住み着きました。

かわいい動物の置物をFIX窓に飾りました
廊下の明り取りにリビングにFIX窓を取り付けました。その窓枠に小さなリスを飾りました。ぽれぽれ動物といってバリ島の職人さんの手彫りだそうです。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする