内装で一番多く使った壁紙リリカラLV-6657

スポンサーリンク


中古戸建のリノベーションで、
一番多く使った壁紙は、

リリカラV-ウォールのLV-6657です。

玄関・廊下・階段・
リビングダイニング・和室・2階の事務所部屋・
クローゼットの中に使用しました。

リリカラ LV-6657 のりなし

リリカラ LV-6657 のり付

塗り壁風な壁紙です。

漆喰の塗り壁が流行っているので、
それを真似っこして、塗り壁風に。
ぱっと見、本当に塗ってあるように見えます。

最近の壁紙って優れていますね。

玄関周りは午前中はちょっと暗い。暗いとこんな感じ。

玄関周り、西日が差し込むとこんな感じ。

色は白色です。

一階は大きな窓を塞いで壁にしたので、
この家を買った時より少し暗くなりました。

なので壁紙は白色にして明るくしようと。

貼り終わった壁を見たら、
明るくてびっくりしました。

白の威力凄いです。

この壁紙は少し凹凸があるので、
体の動きが雑な私は、
時々指の先が当たって、
爪で壁紙のふくらみを突っついちゃうことも。。

少し破けて慌ててスティックのりでくっ付けました。

まだ2ヵ所くらいですけどね。
大人なので、もっと落ち着いた所作を心掛けようと思います。。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする