無印のファイルボックスを使ったトイレ収納にカバーを付ける

スポンサーリンク


キャスターを付けた無印のファイルボックス。

上から覗くと中が丸見えなので、
カバーを付けることにしました。

キャスターの取付け記事↓

トイレ収納の無印ファイルボックスにキャスターを付ける
トイレの掃除道具を入れている無印のファイルボックスですが、掃除の時に動かしやすくしようと思い、キャスターを付けることにしました。

2階のトイレの窓用カーテンとして買った布。

結局、カーテンとして使わなかった布ですが、
なんとなくこのケースに合いそうな気がして、
それを使いました。

うちにはミシンがないので、
全て両面テープで裾上げ(裾上げでいいのかな?)しました。

両面テープって便利ですね。
布と箱を接着したのも両面テープです。

紐があったらファイルボックスを動かすのに便利かなと思い、
これも両面テープでくっ付けました。

紐は無印良品の布巾か何かを買った時に付いていた紐です。
(この紐、けっこう色々使えます。)

トイレ掃除の道具を入れて、
カバーで隠すとこんな感じ↓

トイレブラシの柄がひょっこり出ているのは、
御愛嬌、、。

箱に収まる長さのトイレブラシがあったらいいなぁ。

トイレにはこんな感じ↑に収まっています。

まあいっかあ。

トイレ収納をファイルボックスで作る熱は、
これで収まりました。

今(2018年4月)はこんな感じになっています

「流せるトイレブラシ」と無印の「柄つきスポンジ」の合体
トイレ掃除に、スクラビングバブルの「流せるトイレブラシ」を買ってみましたが、ブラシの柄が長すぎて収納に入らない。。ブラシを挟む短めの道具がないかしら?と思っていたらネットで検索して見つけました。無印良品「柄つきスポンジ」の柄だけを使った方法です。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする