中古戸建の内覧会。不動産業者でこうも違うのか。

スポンサーリンク


ck2 (400x300)

築30年以上の中古戸建の内覧会に行ってきました。

内覧会を手掛けたのは、県外にも支店を持っている
大手の不動産業者(C不動産とします。)でした。

興味を持たせた不動産業者の対応

まず家に入って驚いたのは、家の中が明るい!

前回見た家と同じ家?と思うくらい明るかったのです。

それは照明をつけていたから!
売主さんに許可を貰って内覧会用に照明を点けたようです。

そして、リビング的な和室に
商談用の机と椅子が置かれていました。

この辺からちょっと気持ちが焦ってきましたね。
「これだとすぐに買いたい人が出てくるのでは?」と。

私たちが訪れたのは、内覧最終日の夕方で、
他の内覧者はいませんでした。

2日間の内覧会に10組ほど訪れたそうです。

その中には、物件が気になった人もいて、
後日、御主人と一緒にまた見せてもらいたいと言う人もいたようです。

また、リノベーションして住むことに興味を持っている人もいたようです。

その話を聞いて、また焦ってきました。
「これは時間の問題だな。」と。

しかし、いくら気持ちが焦っても簡単に買えるものではないので、

  • この家が売られている経緯
  • 売買情報に掲載されている内容確認(特にセットバックのことなど)
  • リノベーションをして住むとしたらどうしたらよいのか?
  • 値引き交渉はできるのか?

などを質問しました。

それに対して、

  • 即答できないものに関しては、すぐに電話で確認。
  • 相手からの返事がすぐに出ない場合は後日連絡するという対応。
  • リノベーションに関しては、詳しい業者を知っているので紹介してくれる

など、全てにおいて対応が早く、どれも前向きな対応でした。

前回の不動産業者と何が違うかと言うと、

●対応が早い、そして、前向き。
●売主と買主、どちら側にも立った対応。

だと言う事です。


買う気を失くさせた不動産業者の対応

この中古戸建で不動産業者と接するのは、
この日のC不動産で3件目です。
2件目は、前回内覧させてくれた不動産業者。
そして、1件目は電話だけで確認した不動産業者です。

<電話だけの確認をした1件目の不動産業者の対応>
値引きの交渉はできますか?と言う質問に、
「リノベーションに幾らかかるから幾ら安くしてほしい
と言う明確な提案がないと話を持って行けない。」
という返事でした。

「リノベに幾らかかるか分かってたら苦労しない!」

と心の中で思いましたよ。

こちらもまだ不慣れでしたから、
そういうものなのかなと思いましたが、
色々な不動産業者と接するうちに、
今思えばあの業者の対応は上から目線だったなという感想です。

とにかく売り主側の立場にしか立ってない対応

にしか思えませんでした。
(買う人がいないと売れないだろうに…。)

<実際に内覧させてくれた2件目の不動産業者の対応>
売り物件を魅力的に見せる工夫もなく、
掲載している売買情報の通りにしか売らないという感じでした。
それ以上の努力はしないという感じ。

1件目2件目とも地元の不動産業者でした。
だからという理由ではないと思いますが、
こうも不動産業者で対応が違うものかとびっくりしました。