洗濯機の上にコンセントを避けて棚を作る(その2)

スポンサーリンク


棚板を壁から10cm離して設置した洗濯機上のオープン棚。
棚板や棚受けは、
ホームセンター(ハンズマン)で購入しました。

<棚板>
短い幅10.5cmで厚みが約1.5cmの集成材を見つけましたが、
長さが90cmか180cmの2パターン。

欲しい長さは107cmなので、
180cmを購入して107cmにカットしてもらいました。
カット代は1カット30円でした。

棚板:1200円(税抜)
カット代:30円(税抜)

<棚受け>
棚受けはキッチンで使っている
三角棚受けを使うことに決めていました。
サイズは20cm×15cm。

この棚受けは、ネジ穴が何ヵ所もあるので、
板が片側に偏ってもネジが打てます。

棚受けの20cmの辺に10センチ幅の板を取り付ければ、
10センチの空間ができて、バッチリ!

棚受け:734円×2本(税抜)

まずは棚板と棚受けを合体させてから壁に取り付けました。

洗濯機があるので、
棚受けを壁に設置した後に棚板を取り付けたら、
ネジ打ちがしにくいだろうと思いまして。

一番上の穴までネジ打つ必要はあるのだろうか?

グラついていたネジは夫に締めてもらいました。
幾つかの課題をクリアして、棚ができました!

洗濯機の上にコンセントを避けて棚を作る(その1)
洗濯機から50センチくらい上に2段棚を作った後に、暫くして、洗濯機から10センチくらい上にもう一段棚を作りました。コンセントや水栓を避けた棚作りです。

そして今こんな感じです。

洗剤は前から使っていた木箱に入れています。

青いプラスチックのケース(セリアの)には、
洗濯ネットが入っています。
その横の缶には、
ウエス(掃除用の使い捨てボロ布)が入っています。

その横はゴミ箱を置きたいけど、
丁度よいサイズがなく物色中です。

ゴミ箱はこれになりました。

ゴミ箱とそのフタを磁石で繋ぎ止めてみる
3COINSのブリキバケツで作ったゴミ箱に、フタを作りましたが、これをどうやって繋ぎ止めようかと考えた結果、磁石の力を借りることにしました。

そして、ティッシュ。

ティッシュはティッシュケースに入れて、
ケースは板に固定する予定。
ケースは物色中です。

ケースはこれにしました。

3COINS(スリコ)で買った木のティッシュケース
洗面所のティッシュケースをずっと探していて、最近やっと買いました。3COINS(スリコ)で。木箱タイプのティッシュケースです。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする