シーツで作ったカーテンの超手抜きな裾上げ

スポンサーリンク


キッチンとダイニングの間を、
シーツで作ったカーテンで仕切りました。

シーツで作ったと言っても、
サイズがピッタリだったので吊り下げただけですが。。(^^ゞ

キッチンとダイニングの間にカーテン(シーツ)を取り付ける
キッチンのほうからスーーーっとした冷気が来る感じ。これはダイニングとキッチンの間を仕切らないと、暖房効率が悪いぞってことになり、布で仕切ることにしました。

シーツはシングルのフラットシーツで、
サイズは150X250cm。

横幅の150cmは問題なかったけど、
長さがちょっと長かった。

空気を逃がさないためには、
床とカーテンに隙間がない状態が
良いのかもしれないけど、
きっと裾がとても汚れます。

汚れたら洗うのが面倒&アイロン掛けも面倒なので裾上げしました。

でも、我が家にはミシンがありません。
そこで登場するのが、

裁ほう上手」!

これTV番組「あさイチ」で知ったんですけど、
ホント便利です。


裁ほう上手

縫い合わせたいところに、
裁縫上手を塗って、
布を合わせたら上からアイロンがけするだけで、

ぴったんこ!

布と布の接着剤って感じ。

アイロンしなくてもくっ付きますが、
アイロンした方がより強力になります。

洗濯もOKです。

てなわけであっという間に裾上げ出来て、
カーテン設置。

あ、しまった、まだちょっとだけ長い。。。
おっと突っ張り棒の上にまだ余裕があるじゃん
てことで突っ張り棒をもちょっと上に移動したら、

丁度よい感じなりました♪

こんな感じです。↑

まあいっかあ。

とりあえずで設置したシーツカーテン。
なんだか病院みたいですが、けっこうお気に入り。

つっぱり棒からカーテンレールに変更しました↓

天井付けのカーテンレール設置に一苦労
キッチンとリビングダイニングを仕切っている突っ張り棒のカーテン。突っ張り棒が劣化して動きが悪くなりました。そこでカーテンレールに変えることしましたが、高いので設置に一苦労。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする