ゴミ袋が見えないゴミ箱:セリアの針金で輪っか

スポンサーリンク


輪っかでゴミ袋を引っ掛けるタイプのゴミ箱が気になって、

3COINSのブリキのバケツに、
段ボールを切って作った輪っかを入れてみたりしましたが、

ゴミ袋が見えないゴミ箱:段ボールの輪っか
最近気になること。「ゴミ箱のゴミ袋が見えないようにするにはどうしたらよいか?」保存容器を入れてみたり、クリアファイルを切って入れたりしましたが、楽天市場で見たゴミ箱を発見してからは、輪っかタイプが気になって、真似してみました。

今度は針金を使うことにしました。

使った針金は、
セリアで買ったビニール被膜針金 1.6ミリ経10m巻グリーン
108円。

針金を丸くするために、
ブリキのバケツの外側を巻いて丸くしました。

針金と針金を結ぶのに最初ねじったりしましたが、
あまり上手く行かず、思い付いたのが
この両端をクリップのように曲げて引っ掛ける方法。

これだとペンチの使い方も簡単でした。

ブリキのバケツに入れてみました。

バケツの形が底に向かって細くなっているので、
リング(輪っか)が底に落ちることはありませんが、
少し傾いたりします。

あまり傾かないように、
バケツに小さな磁石を付けることにしました。

この磁石もセリアで買いました。108円。

こんな風に両端にくっ付けて。

針金が磁石にくっ付くので、ズレが無くなりました。

後はフタをどうしようかな~。

ブリキのバケツ(ゴミ箱)にフタを作る
前回、3COINSのブリキのバケツに、セリアの針金を使って、ゴミ袋が外に出ないようにしました。フタがあるとゴミを入れる時に不便かなとは思いますが、とりあえず作ってみました。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする