洗面台下の収納をちょっとだけDIY

スポンサーリンク



この記事には次のような事が書かれています。

洗面ボウルの下の収納は一番広い収納ですが、

仕切りや棚がないので、
小物を整理するのにちょっと工夫が必要です。

洗面化粧台はリクシル(イナックス)ピアラです。

我が家の洗面化粧台の費用と選んだメーカー
洗面化粧台のメーカーはリクシル(イナックス)にしました。商品は「イナックスのPiara(ピアラ)」。品番は、AR1H-755SY/MAR1-753TXU です。価格は、見積書には92,000円とあります。

レターケースを置いてみた

最初は小物整理用に透明のレターケースを置いて、
空いたスペースには洗剤などの背の高い物を置いていました。

レターケースはA4サイズの引き出し3段。
横幅は25cm。高さは約26cm。奥行きは約32cm。

これにそっくり

小物はだいたいこれで収まりましたが、
レターケース横のスペース上部が勿体無い。

レターケースと同じ高さの板を渡して、
空きスペースにも物が置けるようにしました。

スポンサーリンク


レターケースに板を追加した収納

排管などがごちゃごちゃしている洗面台下の収納。
サイズを図らないと上手くいかない。

欲しかった板のサイズは30cm×40cm。
ホームセンターで販売されていた板のサイズで、
一番近いサイズは30cm×45cm。
価格は一枚81円(税込)。
45cmを40cmにしたカットしてもらいました。
カット代は32円(税込)。

板の厚みは4~5mm。
(あまり薄いと板がたわむと思います。)

これに、100均(セリア)で買ったマスキングテープと
リメイクシートでちょっとお化粧をしました。

マスキングテープを板の縁に貼って、

板の広さにカットしたリメイクシートを貼りました。

それをレターケースの上に置いて、
レターケースがない側の側面だけに、
角材を両面テープで貼って棚受けにしました。

角材はホームセンターで買いました。
長さ30cm、1センチ四方のサイズ。
1本48円(税込)。

最初グルーガンで付けようとしましたが、
端から端までグルーガンを付着させている間に
乾いてしまって貼れませんでした。

両面テープがいつまで耐えてくれるか分かりませんが、
その分移動しやすいので、これでいいかなと思います。

洗剤を元の場所に戻して、
棚の上には洗濯機や浴槽、浴室、洗面台の取扱説明書も置いています。

レターケースがもう一段あってもいいかな。
洗剤の高さが棚とギリギリ。

しかし、もう一段高くすると、
水道管等にぶつかって入らないかも。
まあ取り合えず、これでいっかな。

アドセンス投稿本文下
スポンサーリンク

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする