我が家の洗面化粧台「リクシル ピアラ」の詳細

スポンサーリンク


リクシル(イナックス)の洗面化粧台の中で、
お値段もお手頃で、使いやすい「Piara(ピアラ)」。

我が家のピアラの品番は、
AR1H-755SY/MAR1-753TXU。

サイズは、横がは75cm、
洗面器部分の奥行きが54cmのタイプです。

購入価格や設置費用についてはこちら記事↓

我が家の洗面化粧台の費用と選んだメーカー
洗面化粧台のメーカーはリクシル(イナックス)にしました。商品は「イナックスのPiara(ピアラ)」。品番は、AR1H-755SY/MAR1-753TXU です。価格は、見積書には92,000円とあります。

洗面器部分

洗面器はやわらなかカーブで使いやすく、漬け置き洗いもできます。

この金具を押すと

ck139-400x300

排水口のフタが浮いて水が排水されます。

ck138-400x300

金具を引っ張ると、

ck140-400x300

排水口のふたが閉まり水を溜めることが出来ます。

ck141-400x300

水栓金具周りは掃除がしやすく
蛇口のホースが伸びるので、
洗面器の側面まで洗い流すことが出来ます。

ck137-400x300

水に濡らしたくないものを一時置きする
ドライパレット」が右側で、

濡れた物が置ける
ウェットパレット」が左側にあります。

ck135moji

排水口のお掃除も簡単でした。

鏡部分

鏡は扉になっていて三つに分かれています。
扉を開けると収納です。

ドライヤーも入れることが出来ます。
髭剃りの充電もできます。

鏡はくもり止めコートがしてあります。

スポンサーリンク


化粧台下の収納

化粧台の下の部分は、
左が引出し式で右が扉式になっています。

全て引出し式(フルスライドタイプ)にしたいと思っていましたが、
そうすると少し値段が高くなるので、
写真のタイプにしました。

でもこのタイプで十分でした。

ck134-400x300

扉の色は、A工務店(リフォーム業者)の標準だと、
ホワイトかブラウンのどちらかを選ぶようになっていました。

カタログを見ると全8色あるようです。

化粧台下収納のサイズ

引出しの深さは上が下より低くなっています。

測ったら、

上の引出しの内寸の深さは約15cm
(洗面器の底が当たるので高さ15cm位の物だったら立てて置けます。)
横幅は、約21cm。奥行きは、約32cm。

下の引出しの内寸の深さは約26cm。
横幅は、約21cm。奥行きは、約32cm。

扉部分の内寸の高さは約44cm(洗面器が張り出しているので)。
横幅は約43cm。奥行きは約35cm(配管などが並んでいるので場所によって違う)。

ck142-400x300

ck143-400x300

ck145-400x300

ck144-400x300

我が家の洗面台の気になるところ

ほぼ満足ですが、少し難点を言えば、
ライトが点くのに少し時間が掛かります。

蛍光灯タイプだからかな。

LED照明タイプだと照明部分の厚みが薄くすっきりしています。

でも、私は我が家のタイプで満足♪

どうしても以前使っていた物との比較になるので、
満足になるのよね。
できれば、LED照明が良いかな(*^o^*)