アイデア住宅で紹介された関尾英隆さんのお宅

スポンサーリンク


写真はイメージです。

テレビ番組「ヒルナンデス」の“アイデア住宅を巡るんデス”のコーナーが久しぶりにありました。

今回は、一級建築士の関尾英隆さんのお宅。

横浜 注文住宅 自然素材 設計事務所+工務店|あすなろ建築工房
横浜を拠点に家づくりをしている設計事務所+工務店です。設計事務所機能と工務店の技術・技能が一体化した新しいスタイルの工務店。

気になったアイデアだけメモメモ。

部屋を広く見せるための仕掛け

6.5帖のダイニングでの説明で、部屋を広く見せる仕掛けとして、

部屋の角に窓を設置する。

部屋の角に窓を設置すると視界が抜けて広く感じるそうです。

リビングと目線が合うキッチン

ダイニングを挟んでキッチンとリビングは向い合っています。
リビングは小上がりの和室です。

リビングを一段高くすることで、キッチンと目線が合うように。

縁のない薄い畳

和室のリビングの畳は、縁がなく薄い畳です。
これは「目積(めせき)畳表」というそうです。
「薄畳(うすだたみ)」ともいう。

こういうもの↓

通常の畳の厚みは5.5cmで、この目積畳表は厚さが1.5cm。
畳の下が収納になっているので、この目積畳が活きています。
引き出し式の収納はとっても奥行きが長い収納でした。

ロールスクリーンをプロジェクターのスクリーンに

リビングとダイニングの仕切りには、ロールスクリーンを使っています。
このロールスクリーンはプロジェクターのスクリーンに変身。

エアコンは床下に

このお宅は高気密・高断熱の家。
床にエアコンを設置し、冬は暖かいエアコンの空気が上に上昇し、ロフトのダクトで下に流す仕組みです。

オール電化と高気密高断熱で冬場の電気代が半分以下に

高気密高断熱の関根さん宅はオール電化です。
これによって、冬場の電気代が4人暮らしでなんと10,848円(2月の電気代)。
通常だとオール電化の4人世帯の平均は約30,000円だそうです。

スポンサーリンク



ウッドデッキに日射遮蔽タープ

夏場はウッドデッキに日射遮蔽タープを設置し、電気代を節約。
冬場は日差しが欲しいので取り外します。
日射遮蔽タープはオーニングとも言いますかしら。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

200×200cm(サマーオーニング タープ)
価格:4309円(税込、送料別) (2017/6/1時点)

関根邸の日射遮蔽タープは1枚が2~3万円だそうです。

鏡が動くことでスペースが広がる洗面台

洗面台に設置された大きな鏡を横にスライドさせるとそこには、収納棚が出現。
その長さに合わせて洗面台の作業スペースも作ってあります。
なので、鏡を使う人と収納の中の物を取りたい人がバッティングしません。

実験室のシンクは靴洗いに便利

洗面台のシンクは、理科実験流し(病院用流し)です。
これは深くて広いので洗い物に便利だそうです。
靴も洗えるそうです。

こういうもの↓

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

TOTO 病院用流し【SK106】 はめ込み流しセルフリング式
価格:16899円(税込、送料別) (2017/6/1時点)

2階の廊下はスタディスペース

2階の廊下は子どもたちのスタディスペースになっています。
手摺には本の収納棚が作ってありました。

階段上に室内干しスペース

2階は階段横に廊下があるので、そこから階段上に設置した竿に洗濯物が干せます。

子どものアスレチック部屋

2階の7帖の部屋には、ロープ、ブランコ、ハンモック、ボルダリングがある部屋があります。あ、ウッドデッキにもブランコがありました。
なんて幸せな子どもたち♪

関尾さん宅の概要

2016年7月完成。
敷地面積53坪(174平米)
延床面積27坪(89平米)
キッチン(4.5帖)、ダイニング(6.5帖)
リビング(5.2帖)、洗面所(4帖)

建築費用は紹介されませんでした。