リゾートホテルのスイートルーム風なお宅、一級建築士の余田正徳さんの家

スポンサーリンク


写真はイメージです。

テレビ番組「ヒルナンデス」の
一級建築士のお宅覗くんデス』のコーナー。

7月11日の放送は、
一級建築士の余田正徳さんと、
奥様でインテリアデザイナーの余田樹子さん
のお宅が紹介されていました。

余田さんのお宅は、まるでリゾートホテルのスイートルームのようなお家でした。

建坪が13坪と限られた面積の中で、広く見せる工夫が光っていました。

余田さんご夫妻のお仕事は、
低価格&ラグジュアリーなデザインが人気」だそうですよ。

余田さんの事務所のサイトに写真があります。

YODAアーキテクツ
YODAアーキテクツは、建築家の余田正徳とインテリアデザイナーの余田樹子が主宰する東京都(杉並区)の一級建築士事務所(設計事務所)です。豪邸・高級注文住宅・二世帯住宅・変形地に建つ住宅や、集合住宅、児童福祉施設等の施設、飲食店等の店舗などを設計監理しています。リフォーム・リノベーションの設計監理、インテリアデザイン・イ...

建坪13坪で家を広く見せる工夫

余田さんがお住まいの地域は建蔽率が40%。
敷地面積が34坪なので、建坪は約13坪です。
13坪というと駐車場約4台分だそうです。

この狭い面積で、家を広く見せ工夫が色々あり参考になりました。

外壁のドア開けると中庭があり、アプローチがあって玄関へ。
玄関まで歩かせることで高揚感が出るそうです。

玄関ドアを開けると大理石の床
玄関の床と廊下に段差がありません。

玄関と床の高さを合わせることで、広く見える。

2階のリビングの天井高は3.5m。

リビングの広さは12帖ですが、天井が高いことでより広く感じる。

玄関の中庭とは別に反対側にも中庭があります。
リビングからは2つの中庭が見えます。

中庭が見えるガラス窓は足元から設置された大きな一枚もの。

床の位置からの大きな一枚物のガラスは開放感を出す。

余田さん宅は家の高さと同じ外壁があります。
なので、大きなガラス窓でもご近所の目が全く気にならないのです。

外壁があって中庭があってお家が建っている余田邸。

この中庭には屋根がないので、中庭は建坪に計算されません

これはいい考えだなと。
猫を飼おうと思ったら外に出さないように工夫が必要。
高い外壁があったら安心です。

キッチンはリビングと同じ空間にあります。
広さは5帖。

アイランドキッチンがあって、壁側に収納です。
アイランドキッチンの反対側の壁には大きな鏡が。

大きな鏡を設置することで奥行きを感じさせる。

コンロ周りは壁ではなくガラスで仕切られています。

アイランドキッチンのコンロの横や背面などを圧迫感の出る壁ではなく、ガラスで仕切った。

床や壁の色は白が多く、キッチンも

白にすると空間を広く見せる効果がある。

白とガラスの印象で、より広く感じるのかなと思いました。

1階の浴室からも大きなガラス窓から中庭が見えます。
そしてガラスで仕切られた洗面脱衣所へ中庭の光が差し込みます。

ガラスで仕切ることで浴室や洗面所を広く感じさせる。

お風呂の壁は広いタイルを使って、目地を少なくしています。
目地を少なくすることで汚れが目立たなくなるそうです。

1階には仕事部屋があります。
ここは2つの中庭に挟まれた位置。

それぞれのデスクは中庭を向いているので、
中庭の樹木が集中力を高めてくれるとか。

スポンサーリンク



高級感のあるスイートルーム風を作る工夫

ラグジュアリーな雰囲気を出す工夫として、

玄関は家の顔なので、床は大理石を使ったそうです。

玄関は家の顔。高級感のある材質で作る。

天井高3.5メートルのリビング。

天井を高くすると、解放感とともに高級感も醸し出す。

白とガラスのイメージの内装。

ドアノブもガラスかしら?
白いドアにガラスのドアノブ。

こんな感じの。

全体の雰囲気は「洋」ですが、
奥様のセンスが光る東洋のインテリアも。

洋風の空間に東洋の家具や絵画を配置することで、ラグジュアリー感が出る。

一番目を引いたのは、
ヨーロッパ調の大きなソファーと大画面のテレビ、
そして開放感かな。

テレビは60インチの大画面。
壁付で高い位置に設置。

テレビの下にはなんと暖炉が。

暖炉を置いて高級感を出す。

この暖炉の燃料はエタノールなので、煙突要らず。
マンションや賃貸でも使える暖炉だそうです。

こんな感じの。

キッチンの天板は水晶(クウォーツ)を使用。

高級感のあるクウォーツの天板は、熱に強く汚れの浸み込みが少ない。

壁際のキッチン収納の吊戸棚には、ワインセラーを作りました。

キッチンにはオシャレな
デトックスウォーターのサーバー」が置いてありました。

こういう感じのです。

寝室に入ると、クッションのような壁が一番に目に入ってきます。
これは足元から天井までの高さがあるクッション風のヘッドボードです。

クッション風のヘッドボードでヨーロッパのスイートルームのようなラグジュアリー感を出す。

高級感がすごかったです。

こういうヘッドボードが壁一面にという感じ

一階のお風呂はジャグジーです。
浴槽の縁にはランプ風な照明が取り付けてありました。

洗面台はメイク台としても使っています。
専用のイスが猫脚のヨーロッパ調です。

ロココ調というのでしょうか、
姫系というのでしょか、
奥様はこんな感じがお好きみたい。

洗面台の天板もクウォーツでラグジュアリー。

そして、

浴室と洗面所がガラスで仕切られていてラグジュアリー。

奥様の徹底した収納術

インテリアデザイナーの奥様、樹子さんの収納力は凄いです。

キッチンの引き出しには、
オーダーメイドのアクリル板の仕切りで
道具がキレイに並べられています。

また、調味料を入れたガラスの瓶も統一感があり、
その瓶のサイズに合わせて、
引き出しの大きさを決めたというこだわりようです。
ゴミ箱もそうでした。

引出しの取っ手もヨーロッパ調で、
これは洗面化粧台も同じ物。
統一感が徹底されていました。

洗面台の引き出しの中も、
アクリル板でキッチリ仕切られていて、
何がどこにあるか一目瞭然。

クローゼットの中は、
同じハンガーを使うことで統一感を出していました。
服の並べ方もグラデーションを意識した並べ方です。

高級感あふれる、余田さんのお宅の建築費は、
3,800万円だそうです。

もっと高いのかと思ったら、

お家自体は木造建築なので、
それでコストが抑えられているそうです。