引き戸を閉めた時にできる隙間を調整してもらう

スポンサーリンク


住み始めて数ヶ月経った頃、
和室と一階トイレの引き戸を締めると、
わずかな隙間が出来るようになりました。

和室の引き戸隙間

トイレの隙間が特にひどく、

  • 引き戸を締めた時に鍵が締まらない
  • 閉めた隙間から明かりがもれる

という状態。

トイレに座ると、
戸当たりに対して引き戸が斜めになっているのが、
ハッキリわかりました。

トイレの中から見た隙間

トイレの外から見た隙間

調整方法が良く分からないし、
住み始めて間もなかったので、
リノベの工事をした工務店さんに連絡しました。

そして、1年近く経ってドアの業者さん(リクシル)が来てくれました。
(熊本地震の影響はまだまだ続いているようです。)

調整している所を見ていなかったので、
良く分からないのですが、
ちょちょいのちょいっ!と調整していました。

扉の丸い部分を調整したそうです。リクシルの引き戸です。

お陰様で、
引き戸がピッタリと閉まるようになりました。

トイレの引き戸も鍵がかかるようになって、
明かりがもれることもありません。

よかった。よかった。

「引き戸の隙間って地震の影響ですかね?」
と聞いたら、
「さあぁ。。」とおっしゃっていました。

さあぁって言われても、ね~(・▽・;)


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする