火災保険に水災を追加する相談を保険会社にする

スポンサーリンク


この一戸建てで暮らし始めて、
一ヶ月くらい経った頃に大雨が降りました。

家の前の道路の側溝が水であふれ、
このまま降り続いたら家はどうなるんだろう?
と、かなり不安に思いました。

そして、ここ数年で増えている豪雨、
今までに経験したことのない豪雨が多発していることに、
他人事ではないなと、

火災保険から「水災」を外している我が家は、
火災保険の見直しをずっと考えていました。

「あさイチ」をきっかけに保険会社に電話

そして今朝、NHKの「あさイチ」を見ていたら、
火災保険の「水災」のお話が。

いつも営業時間外に思い出す、
保険会社への電話を思い出させてくれました。

ありがとー!

さっそく、保険証券を引っ張り出して電話。

我が家はAIU損害保険株式会社なので、
AIUの0120番に電話しました。

※現在(2018年)AIU損害保険は、AIG損保になっています。
AIG損保

「事故受付センター」のほうではなくて、
「商品・ご契約等のお問合せ窓口」の番号です。

スポンサーリンク


「水災」の対象となるのは

電話に出た方によると、

「水災」の対象となるのは、

床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水を被った場合

とのこと。

詳細は、AIU損害保険のホームページへ。
(現在はAIG損保)

AIG損保

とりあえず見積書を送ってもらうことに

我が家は、保険を契約する時に、
「水災」だけ外しました。

なぜかというと水災を入れると金額が高くなったからです。

「水災」を入れたら、
10万円位高くなりました(保険期間10年間、一括払いで)。

我が家が契約した、ARUHIの火災保険+地震保険の内容
住宅ローンの契約をしたARUHIでAIU損害保険と契約をすると割引があったので、火災保険(+地震保険)はAIU損害保険にしました。契約した内容は、

とりあえず、「水災」を追加した場合の見積書が、
保険会社から送られてきます。

「風災・雹(ひょう)災・雪災」は補償に入ってたので、
「水災」の追加は、

見積書を見てから考えようと思っています。

<追記>
火災保険に水災を追加しました。

火災保険に水災を加えた追加保険金額
我が家は火災保険に「水災」を付けていませんでした。でも、2016年の地震後の大雨。そして、今年の朝倉市や日田市などの水害を見ていて、水害も他人ごとではないかもと、「水災」を加えることを考えました。

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする