ダイソーの白い額縁の裏を厚紙からベニヤへ

スポンサーリンク


ダイソーで買ったアンティーク風な白い額縁。
ボンドとガムテープで厚紙に吊り金具を接着させていましたが、

2階のトイレに飾る額縁に吊り金具を取り付けたり
二階のトイレに飾る額縁を、どうやって吊り下げようかと、色々思案しましたが、額の裏に三角吊金具を取り付け紐を通し、壁に紐を引っ掛けるフックを取り付けることにしました。

最近、裏を見たらガムテープが裂け始めていました!

まだ一部分ですが、
いつまで持つのか不安なので、

ベニヤを買って、切って、
吊り金具を木ネジで止めて、
額にはめ込むことにしました。

ベニヤの厚さは3ミリくらい。

これより厚いと入らないかな。
30センチ四方くらいで39円(税抜)でした。

額の厚紙をベニヤに当てて、輪郭をなぞり、
のこぎりで切っていきました。

念願のノコも購入。

SK11 替刃式折込鋸 一般木工用 (SU-21)

たったこれだけの大きさでも、
けっこう木くずが出るんですね~。

びっくり。

床が汚れないように新聞を敷いていましたが、
全然足りませんでした。

久しぶりに手にしたノコギリ、

緊張しましたー。

上手く切れたと思いましたが、
少し広かったので、

紙やすりで研磨して減らそうとするものの、
けっこう時間が掛かりそう。

結局カッターで削って調整。

こういう時、小刀か彫刻刀があったら便利だろうなあ。

でもなんとか、調整できてよかったー。。。

ベニヤは何も加工していないので、
ちょっと寂しい。
しかし、色を塗って乾くのを待つ時間はない。

mtのマスキングテープや

100均のリボンテープ、

100均の転写シートなどを使って遊ぶ。

セリアで買っていたアンティーク風な吊り金具を付けて、

紐を通して完成!

誰にも見えない場所というのは、
センスなどを気にせずに、
自由に遊べるので楽しいですね。

そして、元に戻す。

何事もなかったかのように。