システムキッチンの引き出しをプラダンで容量アップ

スポンサーリンク


我が家のシステムキッチンは、
リクシル(サンウェーブ)の、

AS(エーエス)」という商品です。

台所のリフォームで選んだ、システムキッチンのメーカーと価格
システムキッチンはA工務店の提案の商品にしました。メーカーはリクシル(サンウェーブ)で、商品は「AS(エーエス)」です。

引出しの数や深さなどは気に入っていますが、
使い始めて気が付いた惜しい部分。

それは引き出しの枠が浅い事。

奥まで覗かないと見えない部品と干渉するので、引出しが浅いのか?

と思ったら、そうでもない。
(そういう箇所もあるんですけどね。)

お値段の安さはこういう部分なのかしら??

と思い「シエラ」や「アレスタ」をカタログで見ても、
引出しの枠の高さは、そんなに違いはない感じ。

どれもこんなものなのでしょうか?

食器を積み重ねると、
引出しの奥や脇に倒れそうな感じがするので、
(地震を経験してから物が倒れることに敏感なのです)

補強することにしました。

活躍するのは「プラダン」!

プラスチックの段ボールです。

プラ段は洗面所でも活躍しています。

プラダンで洗面所の作業スペースを若干広げる
サニタリーチェストと洗面台の隙間。どうしたらこの隙間を埋められるかな~とずっと考えていて、最近やっと良さそうなのを思い付きました。それは、プラダンです。

サイズを測ってカッターで切って、

両面テープで貼り付けただけ。


かなり簡単な方法ですが、

流しの下の収納は、

アシストポケットがあるので、

凹凸部分があり、ちょっとだけ気を使いました。


ここはプラダンが目に付く場所なので、気休めに切り口にマスキングテープを貼ってみたり。。

これで引き出しがアップグレード!

深くなって器の収納も増えました。

めでたしめでたし♪♪

ですが、引き出しには耐荷重があるので、

詰込みには気を付けたいと思います。。