家の「直下率」が低い場合の、高くする方法

スポンサーリンク


家を建てる場合、リフォームする場合、
耐震基準に加えて「直下率」を考えないといけないですね。

あさイチで知った「直下率」に凹む
2017年1月25日のテレビ番組「あさイチ」で、“住宅耐震の落とし穴”と言うテーマで、家の耐震について話していました。そこで気になったのは「直下率」です。

特に気を付けたいのは、

  • 2階が小さな家(我が家がそうです…)
  • 1階に駐車場を作っている家

しかし、もう建ててしまったお家はどうしたらいいのか?

2017年1月25日のテレビ番組「あさイチ」では、

  • 2階の床を強くすると直下率の低さを抑えることができる。(例えば、フローリングの下に構造合板を張り付けるだけでも違うそうです。)
  • 天井裏の梁を強くすることで直下率の低さを抑えることができる。

と話していました。

外から見た感じ何ともなさそうな我が家ですが、
専門家に家をちゃんと見てもらいたいです。

熊本市では耐震診断の補助制度がありますが、
家の年数などに制限があり、
我が家はそれに当てはまりません。

また、平成28年度はあと少しで終わりますが、
平成28年度の募集戸数は136戸程度だったのに対して
例年の10倍以上となる1400件を超える申込みがあったそうで、
もちろん抽選になったし、
新規の申込受付は中止になっているようです。

戸建木造住宅の耐震診断士を派遣します!(受付は終了しました)(熊本市)

地震が起こっていない地域の人は早めに耐震診断することをお勧めします。
必要だったら耐震補強も早めに。

地震が起こってからだと診断も補強もいつ順番が回ってくるか分かりませんから。。

耐震基準だけじゃなく耐震等級も大事
2017年1月25日のテレビ番組「あさイチ」。「直下率」に続いて気になったのは「耐震等級」のことです。