ダイソーの鍋蓋にフレッシュ水性ワイドを塗ってみた

スポンサーリンク


ダイソーで買った鍋のフタは
買ってすぐタグを捨ててしまったので、
アルミ製かステンレス製かは不明なのですが、
ステンレス製でした。

スリコのブリキバケツにダイソーの鍋蓋がピッタリ
3COINSのブリキのバケツで作った洗面所のゴミ箱。厚紙などで作っているフタが劣化してきました。ダイソーで鍋蓋を買ってきて合わせたら、なんとまあピッタリ。こういうのをシンデレラフィットというのでしょうか。

こういう素材に塗れる簡単な塗料をと、
買ってきたのが「フレッシュ水性ワイド」。

鉄やステンレスに塗れる水性塗料を買ってみた。その1
ダイソーで買った鍋蓋に塗料で色付けしようと思い、カインズで金属に塗れる塗料を探しました。鉄部にも塗れる塗料を見つけました。ニッペホームペイントの「フレッシュ水性ワイド」です。

ツルツルな素材に、
塗料がきれいに乗るのか、
試し塗りをしてみました。

おおっ。はじかない。
いい感じです♪


色味は缶のフタにある色とほとんど変わりませんでした。

刷毛で塗ったので、
刷毛の跡が残っちゃいました。

ローラーで縫ったほうがきれいに塗れるのかな?
一回塗りでOKな塗料ですが、
ムラなく塗るには二度塗りしたほうが良いかな。

鉄やステンレスに塗れる水性塗料を買ってみた。その2
ダイソーの鍋のフタをゴミ箱のフタの代わりにする予定。色を塗りたいのでステンレスに塗れるアサヒペンの「バリューコート」という塗料を買ってきました。色は「ピンク」。ピンクと言ってもベビーピンクなどの柔らかい感じのピンクです。