2階の熱気@リノベーションの反省点

スポンサーリンク


この記事には次のような事が書かれています。

リノベーションの反省点。
1階に続いて2階の反省点。

もともと2階は東側に階段があり、
4帖半と6帖の部屋が襖で仕切られていました。

今回のリノベーションでは、
階段を北側にし西から東へ昇るようにしました。
そして部屋は壁で仕切りました。

2階の部屋の風通し

まず4帖半の部屋ですが、
北側にある廊下の窓を開けて、
部屋の南側の窓を開ければ風は通ります。

6帖の部屋も
西側の窓や南側の窓を開ければ、
廊下の窓へと風は通ります。

風通しに関してはまあまあだと思います。

2階の部屋と廊下の換気

反省点は真夏の風がない日。

去年、一昨年の夏は35度を超える日が何日もあった猛暑でした。
空気が止まり日差しが照りつける日は、
西側にある6帖の部屋と、廊下の熱気がすごかったです。

特に廊下は1階の熱気も上ってくるので、
まあ暑い!

空気を吸い上げて外に出す設備が欲しいと言う話が上がっています。
大掛かりな事をすると大変なので、
廊下の窓に窓用換気扇を設置しようかと検討しています。

それから、6帖の部屋の西側の窓から照りつける西日が
これまた暑い!

6帖の部屋は南側に窓があるので、
明るさはその窓だけで十分です。
西側の窓には風通しだけを期待したい。

なので、ここには日除けを設置しようと検討しています。

夫ちゃんから「すだれ案」が出ましたが、
台風時、風当たりが一番強い場所なので、
台風の度にすだれを外して部屋の中に入れるのは面倒だし、
劣化が早いので、私は反対です。

できれば、窓の外にがっちりと動かない日よけを設置したい。

こういう感じの物を

日差しを遮るけど、風は入るという物が良い。

2階の屋根裏には吹き付け断熱、
壁にはロックウールが入っていますが、
それでも木造の一戸建ては暑いのですね。
(元の家が古いからかな?)
リノベーションでは換気のことも
しっかり考えないといけなかったと反省です。

でも2階は後付けで何とかなりそうなので、
改善しやすい反省点でした。