何十年ぶりかの晩白柚(ばんぺいゆ)

スポンサーリンク



先日、マックスバリュに寄ったら、
晩白柚」が多量に並んでいてビックリ!

「晩白柚」は贈答品でしか見たことがなかったから、
ミカンやリンゴと一緒に並んでいるのがうれしくなっちゃって、
つい買ってしまいました。

お値段も400円位だったかな。
贈答用はもっと高いと思います。

「晩白柚」は世界最大のかんきつ類と言われていて、
熊本県の八代の名産品でもあります。

子どもの頃に何度か食べた記憶がありますが、
大人になってからは今回が初めて。

インパクトすごいです。
高さが20cm近くありました。
バナナ5本に勝っています。

切り方は上の方を平らに切ったら、
中身を傷つけないように皮に上から下へ切り込みを入れます。
6~8か所くらい。
そして切れ目を利用して手で皮を剥きます。

こちらのサイトに詳細が載っていました

https://kumaque.com/food/1474

白い部分が多いので初めての人はきっとビックリすると思う。
この皮の部分は砂糖漬けにして食べるみたいですが、
私は時間がないので捨てちゃいました。ごめんなさい。

「じょうのう」(果肉が入っている袋)ももちろん大きい。
ゆで卵2個と並べても引けを取らない。

味や食感は「パール柑(文旦)」に似ています。
「パール柑」の親分と言った感じかしら。

味はグレープフルーツ(ホワイト)にも似ています。
グレープフルーツと違うのは果汁が少ないところ。

「じょうのう」(果肉が入っている袋)中の
一粒一粒が独立していて食べやすい。
甘すぎなくて後味さっぱり。

来年もお目にかかりたいなあ♪♪

アドセンス投稿本文下
スポンサーリンク

にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする