トイレの臭いが気になったらカートリッジを確認してみる

スポンサーリンク


キレイに掃除をしているつもりですが、
最近、なんとなく、トイレが前と違う感じ。

これは消臭剤を置くべきかなーと迷っていました。
(消臭剤を置くのあまり好きではないのです)

でももしかしたら、
私の知らない大切な掃除場所があるのかも
と思い、取扱説明書を開いたら、ありました。

脱臭効果が弱くなったら(脱臭付の場合)
というページ。

そういえばトイレの後、
トイレ本体から換気扇のような音がしていました!
取扱説明書を開いて初めて2年目で、
我が家のトイレは脱臭付きだったことを知ったという…。

脱臭カートリッジは、
トイレの奥側面にセットされています。
(家のトイレは「リクシル(INAX)のベーシア DT-B283型」です。)
下の写真の丸で囲ったあたりです。

小さなカバーを取り外さないと取り出せないのですが、
このカバーが私には外しにくかったぁ。
割れちゃうんじゃないのかしら?
と思うくらい思い切って外さないと外れませんでした。
(私の力が弱いのかも)

作業時は電源プラグを抜いて行います。

取り出したカートリッジは、
まるでハチの巣箱みたいに、
ホコリが溜まっていました…

普通の歯ブラシでゴシゴシしましたが、
なんかスッキリしないので、
プラウトを使ってゴシゴシしたらキレイに取れました♪

プラウトは緑色の歯ブラシです。

(上も下も掃除済みの写真です。)

掃除が終わったので、
また元に戻しました。

これで気になる臭いは改善されました!
取扱説明書はよく読まなきゃ、ですね(^^;;