長さ半分のカーテンを追加して、下半分の眺めをよくする

スポンサーリンク


雪見障子ならぬ、
雪見窓あるいは雪見カーテンかしら。

雪見カーテンを作ってみました。

我が家で一番の大きな窓はリビング&ダイニングの掃き出し窓です。
この窓に向かっていつも食事をしています。

レースのカーテンはミラーレス。
窓の向こうが道路なので、
家の中が見えにくいミラーレスにしました。

見えにくいのは良いのですが、
同時に中から外も少し見えにくいです。
紗が掛かったような感じです。

できればもう少し視界を広げたい。
そして、窓の向こうは小さな庭もあるので、
緑を眺められたらなと思い付いたのが、
雪見カーテンです。

窓枠に奥行きがあることに気が付いたので、
ここに突っ張り棒を渡して、
短めのレースのカーテンを下げることにしました。

窓枠の横幅は、165cm。
縦幅は、220cmです。

突っ張り棒は家にあったダイソーのもの。
カーテンは新たに買いました。
サイズは100cm×133cm
2枚組で3380円でした。

突っ張り棒にリングを通して、
カーテンを提げています。

カーテンの長さ133cmは、
ダイニングテーブルに座った時に、
道路と家の境のフェンスよりちょっと下になる長さ。
これより短いと外を歩く人が気になります。

リビング&ダイニングが明るくなりました!

食事をする時に人目を気にせずに、
庭の緑を眺めるって気持ちがいいですね。

庭は未だ発展途上ではありますが..

外からどんなふうに見えるのか確認。

立ち止まってフェンスの隙間から覗かないと良く分かりません。
じっくり見ればダイニングテーブルの脚が見えますが、
そういうことをしていたら目立つので
そんな事をする人はそうそういないでしょう。

レースのカーテンを2枚とも閉めたらこんな感じ。
中からの眺め。

夏の日差しを遮ぎる手助けにもなりそうです。
雪見カーテン、作って良かったです♪