トイレの目隠しにキャンドゥのカッティングシートを貼りました

スポンサーリンク


2階のトイレは、2重窓。
外側がリノベ前からあった古い窓で摺りガラス。

内側はリノベーションで新たに設置した、
2重窓用のYKKプラマードU
ガラスは透明。

窓の向こうはお向かいさんちの2階の窓。
昼間はほとんど気になりませんが、

夜は動きが分かるかもって事で、
カフェカーテンを付けましたが、
寸足らず&これでも動きがわかるかも、でちょっと不安。

なので、内側のYKKプラマードUに、
すりガラス風のカッティングシートを貼ることに。

すりガラスのトイレの窓、見えているのかな?
外側の窓がすりガラスなので、外からハッキリとは見えないと思いますが、人影は分かりますよね。特に夜、電気を点けたら。。しかも窓の向こうはお隣さんちの2階の窓。。カフェカーテンを垂らしていますが、これなので(下の写真)。。。

カッティングシートはキャンドゥで買いました。
既にのり付きなので、
裏の剥離紙を剥いで貼るだけです。

トイレの窓の目隠しに用に買ったキャンドゥのカッティングシート
2階のトイレの窓の目隠しをしたくて、ガラス用シートを探しています。キャンドゥで見つけた。これは裏にノリが付いているタイプのシート。水を使うタイプより簡単そう。しかも模様が縦も横もない。サイズも問題ない。

丸まっていたので、
四隅を本で抑えて平らにしました。

窓のガラス面をメジャーで測って、
カッティングシートをそのサイズにカット。

剥離紙にメモリが印刷されていて便利。

まずは鍵が出っ張っていない平面なガラスから貼りました。

まず上から貼って、
剥離紙を徐々に下に剥がしながら下へ下へ貼って行きました。
定規で空気が入らないように伸ばしながら。

ちょっと定規が短い。。

少し下に隙間が空いちゃった。。ご愛敬。。

さて、問題は鍵の受け金具が付いているガラス面。
この金具を避けて貼るにはどうしたものかな~。

シートをガラス面に合わせていたら、
金具とガラス面に隙間があることを発見!!

わずかなすき間ですが、
ここにシートが入りました!

剥離紙を剥がすのが難しそうですが、
チャレンジ!

定規で均しながら、
ゆっくりゆっくり剥離紙を剥がして、
金具を通過!

金具を乗り越えたら成功も同じ。

やったー!
貼れました!

見た感じはこんな具合い。

まあ、いいんじゃないかな。
前よりは随分安心感があります♪

このカッティングシートは、
粘着がそこまで強力ではないので、
貼ってすぐは剥がして貼り直しが出来ました。

時間が経つと剥がしにくいです。