【Loopでんき】電力会社の比較

スポンサーリンク


電力会社を比較するサイト、
「エネチェンジ」を使って出てきたプランに
Loopでんき】という電力会社がありました。

電力比較サイト エネチェンジ

エネチェンジでシミュレーションして出てきたプランは、
料金がお得な順に並んでいます。
その中で6番目というちょっと地味目な位置にあったのが、
【Loopでんき】です。

Loopでんき 初年度の節約料金

Loopでんきの初年度の節約料金は、
6,241円という試算が出てきました。

(5月分5,596円でシミュレーションした結果)

この金額6,241円の内訳は、

  • 電気代が、5,241円/年節約
  • エネチェンジで「Looopでんき」に申し込んだ方全員に、1,000円分のAmazonギフト券をプレゼント

なので実質的な電気代の節約は、
年間5,241円の節約。

まあまあかな。

Loopでんき 発電内訳(電源構成)と温室効果ガス排出量

では気になる電源構成はというと、
ちゃんと記載がありました。

FIT電気」!?

FIT電気とは、
エネチェンジのサイトにこう記載がありました。

「FITという制度に基づき、交付金を得ている再生可能エネルギー電源による電気」

今さら聞けない!でも知りたい!「FIT電気」って何?
電気料金プランを探しているときに「FIT電気」という単語を見かけたことはありませんか?なんだか環境によさそうな雰囲気のWEBページだけど……これって何?再生可能エネルギーじゃないの?今回はFIT電気やFIT制度について、ご説明します。

おおまかな捉え方ですが、
私たちは電気代を払う時に
「再エネ発電賦課金」というお金も払っています。
このお金をもとに再生可能エネルギーで作っている電気のことを
「FIT電気」というそうです。
かなり大まかですみません。。

なので電源は再生可能エネルギーということですね。
CO2排出係数も0.369kgと、
他の電力会社と比べると低いほうです。
しかしそれは火力の数値ばかりですね。

Loopでんきのホームページには、
「太陽光、風力、水力をはじめとする自然エネルギー」
とありました。

Looopでんき
Looopでんきの特長を紹介したページです。Looopでんきの特長や実績を動画やグラフ、図解でご紹介しています。

CO2排出係数のもとが良く分かりませんね。
再エネだけならco2ゼロでも良さそうですが。

国の資料にこうありました。

「実排出係数の算出におけるFIT電気の扱いについて」

「FIT電気」を作り出す資金が、
CO2を排出する電気によるものが多いので、
CO2ゼロとは書けないということなのかしら?
難しすぎます。

Loopでんき プランの特徴

ループでんきのプランは、

このプランは基本料金が0円のプランです。また、従量料金単価が固定となっていますので、利用量を気にせず電気を使うことが出来ます。太陽光などの再生可能エネルギーで発電された「FIT電気」の比率が高いのも特徴です。

在宅が多い我が家にとって、
「利用量を気にせず」とか「再生可能エネルギーで発電された」とか、
魅力的なプランだと思います。

また、
基本料金がなく1kWh23円00銭という単純計算、
解約時の違約金の設定もなく、
他サービス加入の条件もないので、
我が家には良いプランだなと思いました。