壁に開いた穴(大きなネジ穴)を紙粘土で埋めました

スポンサーリンク


脱衣室に暖房機「コロナ ウォールヒート」を、
最初に取り付けた場所は、

不適切な場所だったので
最適な場所に取り付けなおしましたが、

脱衣所の壁掛暖房機の設置場所を間違える
脱衣所の冬の寒さ対策に壁掛暖房機を買って設置しましたが、設置場所を間違ってしまいました。取扱説明書はよく読まないとダメですね。設置し直しです..

当然、最初の場所にネジ穴が開いてしまいました

けっこう目立つ穴です…。

埋めるしかないので、
取り合えず家にあった「目地シール」で埋めてみました。

残念ながら、これだと穴の奥まで埋めることが出来ませんでした。

割り箸を入れて押し込んでみたのですが、
割り箸にくっ付いて一緒に出てきちゃう。

これはやっぱり「紙粘土」の出番かな。(*’∀’*)

ということで、

ダイソーで「紙粘土」を買ってきました。

それから、塗るかどうか分からないけど
一緒に「漆喰」も買ってきましたよ。

私はよくネジ穴を埋めるのに紙粘土を使います。
壁の穴埋めに適しているかどうかは??ですが、
指&割り箸で押し込みやすいし、
白い壁だったらあまり目立たないんです。

紙粘土を埋めてみました。

まあ、こんなものかな。

もうちょっと平らにならした後で、
あのダイソーの「漆喰」を試しに塗る事にしました。

ダイソーの「漆喰」は、
意外にもとろとろした液状でした。
ペンキみたいです。

漆喰ってこんなものでしょうか?
初めて使うので分かりません。

脱衣室の目立たない場所なので
失敗しても悔いがありません。

塗ってみました。

おお、あまり目立たない。。
乾いたらもっと目立たなくなりました。

よく見れば「何か埋めてるな。。」と分かりますが、
まあ、こんな感じいいんじゃないでしょうか♪