北側なのに夏の明るさがきつい窓にストールを提げました

スポンサーリンク



玄関に入ったら北側に小さめの窓があります。

風通しのために作った窓ですが、

夏になると以外にも暑苦しい明るさがきつい。。

窓を広めに開けたいところですが、

カーテンが無いので通りから見えちゃいます。

カーテンは重たくなるから嫌だな~、

どうしたものかな~と悩んでいました。

小さくて北側にある窓なのに夏は暑苦しい窓をどうにかしたい
玄関近くの北側にある窓は小さいながらも意外にも明るく、夏の猛暑続きにはその明るさが暑苦しく感じます。暑苦しさを軽減するために窓ガラスシートを貼ろうかなと思っています。ステンドグラス風なシートを考えています。

今年の暑さは去年以上でした。

とにかく何かで隠さないと暑い!!

そんな時思い付いたのが、

使わなくなった薄手のストールです。

そのストールは、まあまあ好きな色でしたが、

横幅が広すぎて、窓が目立つ感じがありました。

なので、8月下旬にセール品を求めてショッピングモールへ。

品数があまりなかったのですが、

数枚あった中で選んだのが、このブルー系のストールです。

1000円くらいでゲットしました。

希望は、グリーンかイエロー系でしたが、

ブルーは夏っぽい雰囲気だから、まあいいか。。

長さが180cmくらいあったので、

窓のサイズに合わせてカットして、

突っ張り棒に提げたいので、

手縫いで輪を作りました。

薄くて軽いので、ただ垂らしたままだと、

風で舞い上がって家の中が見えちゃうかも。

なので、片側にちょこっと両面テープを貼って、

動かないようにしました。

反対側はカーテンが浮いても、

家の中がほぼ見えないので。

薄手なので、廊下もあまり暗くなりません。

これで、前より窓を広く開ける事ができ、

風が入りやすくなりました。

ストールが風でフワフワ浮くのも、

涼しげでいい感じです。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする