洗面脱衣所を効率良く暖かくできないか苦慮する

スポンサーリンク



中古戸建をリノベーションした我が家。

断熱材は入れていますが、

マンションと比べる、やはり寒いです。

特に洗面脱衣所。

去年の11月に、脱衣所に暖房機を設置しました。

脱衣所の暖房機ウォールヒートを設置完了
脱衣所の寒さ対策に壁掛暖房機「コロナウォールヒート」を設置しました。最初、設置場所を間違ったりとアタフタとしましたが、浴室のドア上に設置。効果的な場所に設置できました。

あると無いとでは大違い。

ですが、

「強運転」でも

洗面脱衣所全体が温まるには、

けっこう時間が掛かります。

そうなると、電気代が勿体ないなーと思います。

テレビ番組の「渡辺篤史の建もの探訪」が好きで見ています。

その中で、脱衣所と洗面所を分けているお家がありました。

なるほどーと思いました。

脱衣所と洗面所を分けたらいいのか!

と。

浴室のすぐ隣に脱衣所を作る。

そして、脱衣所の隣に洗面所。

洗面所と脱衣所の境には扉。

扉があれば脱衣所の暖房の効きが良くなる。

これだー!と思いました。

しかし、扉を設置するにはお金も時間も掛かります。

そこで実験的に、

突っ張り棒でカーテンを提げてみました。

カーテンと言っても「シーツ」です。。

「シーツ」なので天井から床までの長さがありません。

上と下、どちらが塞がっていた方が寒くないのか?

とりあえず、下を塞ぐ事にしました。

また、横幅も足りません。。

片方が40cmくらい空いてしまいます。

まあ、実験なので仕方ない。。

使わない時は、

リボンで結んで片隅に。

我が家の脱衣所に設置した暖房機は、

本体正面から壁面や造営物まで500mm以上空けないとダメです。

洗面台の横幅が約75cmなので、

そこを突っ張り棒の位置にしました。

実験の結果は、

無いよりはマシ!」。。

シーツと突っ張り棒では隙間だらけなので、

カーテンレールを天井に設置して、

天井から床まできっちりと仕切れたら、

効果は増すと思います。

洗面脱衣所は洗面と脱衣所が分かれていると、

暖房効率もいいし、

また、入浴をしていない人が洗面所を使いたい時に、

気兼ねなく使えるという便利さもありますね。

早く気が付けば良かったー。。