大手不動産会社のリフォームの見積もり結果

スポンサーリンク


この記事には次のような事が書かれています。

去年の年末に見積もりをお願いした
大手不動産会社(S不動産)のリフォーム業者さん。

リフォームの見積もりを全国展開の大手不動産に依頼
リフォームのことで問い合わせをしたのは今のところ2件。しかし、まだ「これだ!」と決まらないので、全国展開している大手のリフォーム業者(S不動産)に見積もりをお願いすることにしました。

「見積りが出ましたので、弊社のリフォーム祭りに合わせてご来店いただけませんか?」

という連絡が年が明けてありました。

リフォーム祭り&リクシルの展示場

リフォーム祭りでは、
水回りの設備や外構設備などの見学&説明がありました。

当日お邪魔するとS不動産では、
パナソニックさんがトイレやキッチンなどを展示していました。

一番気になったのは、トイレの「アラウーノ」。

CMで見ていたけど、やはり実物も美しい。。

ck72 (400x300)

「アラウーノ」を見たら、
トイレはこれしかないと思ってしまいました。

くびれの無い便器、とても掃除しやすそう!
コンパクトな形の中に色々な機能が納まっているお利口さん!
(でも、後で考えが変わるんですけどね。。)

パナソニックさんは、
S不動産のリフォーム祭り会場に展示場がありましたが、
リクシルの設備は、
近くにあるリクシルの大きな展示場に連れていかれました。

「リクシルの展示場」に着くと、
ここからが本題か~と言う感じで、
じっくり時間を掛けて見学しました。

スポンサーリンク


S不動産の見積もりの結果

で、S不動産の見積りの結果はというと、

まずリフォーム見積りを依頼する際に、
主人はリフォーム金額を700万円くらいでと伝えました

そこからスタートして、

  • リフォームに値する家なのかのチェック。
  • リフォームしたい箇所を伝える。
  • S不動産が作成したリフォーム案の間取り図を頂く。
  • リフォーム祭りで水回り設備を見て、仮のチョイスをする。

を経て、

S不動産が私たちに伝えたのは、

ご希望の金額でしたら、家の中だけ丸ごと新築みたいにすることはできます。
しかし、外回りバルコニー、外壁などは一切扱えません。玄関の場所も元のままです。
外から見たら、今までとなんら変わらない家ですが、
中に入ったら一変する!というリフォームです。

というご返事を頂きました。

スポンサーリンク


私たちが希望しているリフォームだと、
1000万円は越してしまうとのことでした。

私たちの希望しているリフォーム↓

築34年の中古木造住宅をリフォームするとしたら
ただいま住宅ローンの仮審査結果待ち中の、 築34年で木造の中古2階建て。 現在の間取図はこんな感じ↓ リフォームしたいと思...

ああーそうなのかー…。
1000万円越しちゃうのかぁ…。

S不動産の中古住宅のリフォーム実例集を見ても、
1000万円超がほとんどだもんなぁ。

金額的には、リノべ業者Aさんと同じ感じかあ…。

S不動産には「分かりました。検討してご返事します。」
と言って帰りました。

間取り案を貰ったのは1回だけでしたが、
家のチェックなどを無料でして頂いたので、
それはそれで良かったなと思います。

でも、大手さんだから値引きはなかなかしないだろうなぁ。

あとは、知人の紹介で見積もりをお願いしている
地元の工務店(A工務店)の結果を待つことにしました。