土地探しはハウスメーカーにお願いした方がいい?

スポンサーリンク


ハウスメーカーの営業マンさんから、

「土地探しは、ハウスメーカーと一緒に探した方が良い。」

というお話がありました。

ハウスメーカーは土地探しのアドバイザー?

ハウスメーカーの営業マンによると、

「素人だけで土地探しをすると間違った買い物や、高い買い物をしてしまうことがある」
そうです。

というのも、
土地の販売情報に掲載してある専門用語を理解していないと、
どんな土地か分からずに買ってしまい後悔するとか、

あるいは販売情報に全てが記載されていない場合、
知識がないと、買い手が大事なことを確認せずに
買ってしまうことがあるからだとか。

例えば、
・建ぺい率
・容積率
・用途地域
・セットバック
・路地状敷地
・袋地
・旗竿敷地
・高さの制限
・設備(上下水道やガスがきているか)

などなど。

ie (11) (400x266)

土地の販売情報を見ると
上記のような専門用語が出てきます。

これらのことを理解しておかないと、
土地を希望の値段より安く買えたと喜んでいたら、

「買った土地だと計画していた坪数の家が立たない。」
「古家付きの旗竿敷地を買ったら、新築が建てられない土地だった。」
なんてことにも成りかねない。

もちろん、大事な情報を教えずに売ってしまう
不動産屋さんにも問題があると思いますが、

ハウスメーカーがついていれば、
顧客の求めている家が建つ土地かどうかを
間違わずに探してくれるということです。

それはそうかもしれないけど…。

土地が決まる前にハウスメーカーを一つに絞るのは難しい

あるハウスメーカーに土地だけ探してもらって、
建築は他のハウスメーカーに頼むなんてことはできないでしょうから、

これには
「このハウスメーカーで建てる!」という強いこだわりがないと
成り立たないのでは?、と思います。

ハウスメーカーを決めるのも、
簡単ではなさそうです。

相見積りもとりたいし。

ハウスメーカーを探している間に、
条件に合った土地が売りに出されたら?
と考えると、
やっぱり土地だけでも先に押さえて置こう
と思っちゃいますもんね。