夫が住宅に関する本を買ってきた。

スポンサーリンク



「終の棲家はマンション計画」が、
一戸建てへと変化しつつある今日この頃。

一体どうなるんだろう??

ネットで土地販売情報を閲覧していると
分からない用語が出てきます。

ハウスメーカーさんに聞けば
すぐに答えてくれそうですが、
そこで建てるかどうか決めていないのに、
なんだか期待さてしまいそうで、躊躇。。

もんもんとしてた時に、
夫がこんな本を買ってきました。

家づくり至高ガイド2015

#1 事前に知っておくこと
#2 カンタン間取り計画
#3 長もちする家の構造
#4 快適な設備を選ぶ
#5 素材・建材を選ぶ
#6 建てた後のこと

というように6項目からなっています。

家づくり至高ガイド2015 (エクスナレッジムック)

私たちが、今まさに大事な事は、
#1 事前に知っておくこと」。

その中の最初の方にある「家づくりの流れ」には、

『土地を探してから、
建築先を探すとありました。』

著者が一級建築士の方だからかと思いますが、
私もそのほうが良いのでは、と思っています。

ie (12) (400x266)

どこに建てても構わないと言うのなら、
すぐに家を建てることも可能でしょうが、
そうはいかないのが現実。

そして、住みたい場所に、
ピッタリの土地はなかなか出ない。

出たとしても、
簡単には飛び付けない。
面積は?建ぺい率は?
地盤は?水はけ?
大きな買い物なので、
色んなチェックが必要。

そのためには、
土地のことを勉強しておくことが必要のようです。


にほんブログ村 住まいブログ リノベーションへ にほんブログ村 その他生活ブログ ローン・住宅ローンへ

スポンサーリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする