住宅ローン一覧

火災保険に水災を加えた追加保険金額

我が家は火災保険に「水災」を付けていませんでした。でも、2016年の地震後の大雨。そして、今年の朝倉市や日田市などの水害を見ていて、水害も他人ごとではないかもと、「水災」を加えることを考えました。

記事を読む

火災保険に水災を追加する相談を保険会社にする

て今朝、NHKの「あさイチ」を見ていたら、火災保険の「水災」のお話が。いつも営業時間外に思い出す、保険会社への電話を思い出させてくれました。

記事を読む

地震保険の大切さ:リノベの家編

2016年の熊本地震で少し被害を受けたリノベーション中の家。被害は少なかったものの基礎部分に亀裂が数ヵ所あり保険の対象になりました。

記事を読む

地震保険の大切さ:賃貸マンション編

地震が起こった時に住んでいたのは、賃貸マンションです。賃貸の契約をする時に火災保険に加入することが条件だったので加入しました。今となっては条件であって良かったと思います。

記事を読む

中古住宅の決済が無事終わり、家の鍵を貰う。

築34年の中古住宅を手に入れる日がついにやってきました。事前に伝えられていた持参品を前日から用意し、当日も朝からチェック。ちょっとドキドキしながら決済場所になっている銀行へ向かいました。

記事を読む

住宅ローン(アルヒ)の決済日に用意した物と支払い方法

住宅ローン会社のARUHIとの契約も終え、あとは決済日を待つのみ。C不動産から決済日に持ってくる物の連絡がありました。

記事を読む

我が家が契約した、ARUHIの火災保険+地震保険の内容

住宅ローンの契約をしたARUHIでAIU損害保険と契約をすると割引があったので、火災保険(+地震保険)はAIU損害保険にしました。契約した内容は、

記事を読む

ARUHI(アルヒ)でローンを組んで火災保険に加入したらお得だった。

家を建てる際に忘れてはいけないのが、火災保険(地震保険)。金消契約日が使づいている頃に、ARUHIからも火災保険の案内があり、「ARUHIで住宅ローンを組むと火災保険料が安くなる」ことを知りました。

記事を読む

住宅ローンの金消契約をするまでに新住所へ変更するように言われた件。

金消契約の時に用意する書類の中に、「住民票」がありますが、「この住民票は、購入する住宅の住所でないとダメだ。」と仲介のC不動産から言われました。後日「ARUHIの場合、金消契約時に新住所でなくても良いそうです。」という連絡が来ました。

記事を読む

ARUHI(アルヒ)で住宅ローンを利用してお得だなと思ったこと

ARUHI(アルヒ)で住宅ローンを組んで分かったんですが、色々とお得な事がありました。火災保険料が安くなったのもそうですが、その他にも、繰り越し返済などの手数料がかからないなど

記事を読む

住宅ローン会社「ARUHI(アルヒ)」で金消契約&火災保険契約をする。

住宅ローンの本審査に通った一週間後に、住宅ローン会社「ARUHI(アルヒ)」で金消契約をしました。(「ARUHI」は旧SBIモーゲージです。)

記事を読む

住宅ローン(ARUHI)の金消契約をするために用意した書類等。

住宅ローン(ARUHI)の金消契約をするためにこちらが用意した書類等。

記事を読む

住宅ローン本審査申込をする際にクレジットカードのキャッシング枠を0円にしました。

ARUHI(アルヒ)の住宅ローン本審査申込をする際に、「C不動産から他のローンなどはありませんか?」と確認されました。「大きなローンは無く、あると言えばクレジットカードで買い物をした支払いくらいです。」と返事をしたら、

記事を読む

ARUHI(アルヒ)の住宅ローン本審査の結果が来ました。

本審査を申込んでから5日目に不動産会社から審査に通ったという連絡がありました!よかったー。。しかし、これからがまさにスタートって感じ。さらに忙しくなりそうです。

記事を読む

住宅ローン本審査で記入したARUHIの書類(フラット35S)

住宅ローン会社「ARUHI(アルヒ)」の「住宅ローンフラット35S」の本審査用に記入した書類は、次の3枚だったかな。(もっと書いたようなイメージがありますが。。)

記事を読む

個人事業の納税証明書はどこでもらう?発行する際に必要な物は?

住宅ローン本審査の申込み提出書類の中に「納税証明書」とありました。個人事業をもう何年もやっているのですが、初めて聞く「納税証明書」。え、どこでもらったらいいの?と思ったら、

記事を読む

個人事業主が住宅ローン(ARUHI)本審査申込に用意した書類など

さあ次は本審査の申込みです。仮審査の時よりも、準備する書類・書類の記入が大変そうです。個人事業主の住宅ローン本審査で、C不動産から用意してくださいと渡された書類リストに書いてあったのは、

記事を読む

中古住宅でも住宅ローン減税を利用でき、登記費用が安くなる方法。

築34年の木造中古住宅でも、「既存住宅かし保証保険」に加入することで、●住宅ローン減税が利用できる。●登録免許税が安くなる。というメリットがありました!

記事を読む

中古住宅適合証明書で必要な「浴室の手すり」の件

住宅ローンのフラット35Sに申し込むために、「中古住宅適合証明書」を発行してもらうことにしましたが、購入する予定の中古の戸建てには、浴室に手すりが付いていませんでした。(階段の手すりは有り。)

記事を読む

中古住宅購入で住宅ローン(ARUHI)フラット35Sが利用できる条件

フラット35には、金利が一定期間さらに低くなる「フラット35S」があります。この「フラット35S」に申し込むには、「技術基準」をクリアしないといけません。その方法は、

記事を読む