リクシル一覧

悩めるエコベンチ浴槽の評価@リノベーションの反省点

浴槽に選んだ「エコベンチ浴槽」は、節水を取るか、広さを取るかで悩めるところです。エコベンチ浴槽というは、半身浴ができるベンチ付き浴槽で、満水容量を35L削減すると言われています。

記事を読む

システムキッチンの引き出しをプラダンで容量アップ

我が家のシステムキッチン、使い始めて気が付いた惜しい部分。それは引き出しの枠が浅い事。容量アップのためにプラダンを使いました。

記事を読む

鏡の下に小物入れがあるリクシルの洗面化粧台

2017年6月30日のテレビ番組「ヒルナンデス」の“住宅展示場の知って得する穴場情報”というコーナーで紹介された、リクシルの洗面化粧台。鏡の下に小物入れのスペースがあります。

記事を読む

引き戸を閉めた時にできる隙間を調整してもらう

住み始めて数ヶ月経った頃、和室と一階トイレの引き戸を締めると、わずかな隙間が出来るようになりました。

記事を読む

浴室のシャワー&カランの水量の調節をする

浴室のシャワー&カランの水量調節をしました。浴室のシステムバスは、リクシル(イナックス)のArisw(アライズ)です。

記事を読む

洗面台の蛇口の水量の調節をする

キッチンの水量の調節のあと、洗面台の蛇口の水量調節もしました。洗面化粧台は商品は、リクシル(イナックス)の「Piara(ピアラ)」。

記事を読む

システムキッチンの蛇口の水量を調節する

持ち家を持ったらやってみたかったことの一つに、「蛇口の水量の調節」がありました。で、引っ越して間もなく、私が触れる範囲で水量の調節をやってみました。まずは、キッチンから。

記事を読む

キッチンリノベの完成形

我が家、中古戸建を購入してリノベーション。北側にあったキッチンを東側に変えて、システムキッチンも一新しました。

記事を読む

ブロック塀からアルミ製の目隠しフェンスへ

ブロック塀の代わりに設置するのは、アルミ製のフェンスです。リクシルのカタログから見つけました。商品名は「セレビューフェンス」。種類は「R-3型太横パネル」。

記事を読む

気になる収納の棚とハンガーパイプ

リノベ現場を見に行って気になったことが一つ。それは、2階の寝室収納に設置してあったハンガーパイプ付きの棚。

記事を読む

室内のドア&引戸のリフォームで選んだメーカーと種類

中古戸建のリフォーム。内装部分は、床の色と、大まかな内壁の色が決まったので、次は室内のドアや引戸の選択です。

記事を読む

ほぼwebカタログ(リクシル)のみでドアをチョイス

室内のドアや引き戸はリクシルの「ウッディーライン」と「ファミリーライン」から選びました。展示場には1回しか行けず、webカタログを見て決めました。

記事を読む

床のリフォームで選んだ床材メーカーや色、そして価格

中古戸建のリフォームで、今まで畳だった1階のリビング、ダイニングをフローリングに張り替えます。それから、間取り変更に伴ってキッチンや廊下、階段もフローリングの張替が必要です。フローリングに使う床材のメーカーや種類・色決めをしました。

記事を読む

台所のリフォームで選んだ、システムキッチンのメーカーと価格

システムキッチンはA工務店の提案の商品にしました。メーカーはリクシル(サンウェーブ)で、商品は「AS(エーエス)」です。

記事を読む

トイレの価格、メーカーと機種

トイレはリクシル(イナックス)のベーシアです。品番は「BC-B10SU/BW1 DT-B283GU/BW1」。

記事を読む

我が家の洗面化粧台「リクシル ピアラ」の詳細

中古戸建てのリノベーションで選んだ洗面化粧台は、リクシルのピアラ。品番はAR1H-755SY/MAR1-753TXU。サイズや使い心地をメモしました。

記事を読む

我が家の洗面化粧台の費用と選んだメーカー

洗面化粧台のメーカーはリクシル(イナックス)にしました。商品は「イナックスのPiara(ピアラ)」。品番は、AR1H-755SY/MAR1-753TXU です。価格は、見積書には92,000円とあります。

記事を読む

リクシルアライズ(システムバスルーム)のパーツ詳細

中古戸建のリノベーション。浴室で採用した商品はリクシル(INAX)のアライズ。タイプはEタイプ。各パーツの詳細をメモしました。

記事を読む

浴室(システムバスルーム)のリノべ費用と商品

中古戸建のリノベーション。浴室(システムバスルーム)の商品は、リクシルのArisw(アライズ)に決定です。(リクシルのというか、INAXの、です。)

記事を読む

リクシルとTOTO、キッチンとお風呂の見積り金額比較

定価から半額近くになっていた水回り設備の見積書を見て、これならTOTOを選んでも安いのかしらと思い、キッチンは「クラッソ」、システムバスは「サザナ」で見積もりをしてもらいました。

記事を読む